地雷撤去

本日、前の亭主との結婚式やら新婚旅行やらの写真を整理しました。

地雷撤去って書いたわりにはそんな辛い作業でもなかったよ。

先日、そんなもんがいっぱいつまった箱を見つけたときにはぎょっとして、久しぶりに見る前の亭主の顔をみて、ナーバスになっちゃったけど。

まあ彼と一緒にいた時の写真も幸せそうに笑っていたし。私。

まあ、最後のほうは辛い思い出ばかりだったけど。

仲良かった時もあったんだなあって思えたし。

それに、結婚式の写真は彼よりも、参列してくれた親戚やらお友だちやらの顔を見ていたら、ほんと、感謝でいっぱいになった。

なにより、お父さんもお母さんも笑っていてくれたのが嬉しかった。

それなのに、離婚しちゃったことは悪かったなって思いましたよ。

おまけに、祝電やらゲストブックなんかも出てきちゃって、皆様の愛のこもったエールをひしひしと感じて、じ~んとなっておりました。

いつもの写真整理のように、かわいい私と大切なシーンをセレクトして、後は処分してコンパクトになりました。

離婚してから、17年たつけどなんで今まで整理できなかったんだろ。

なんで今まで持っていたんだろ。

きっと別れたばかりは辛かったから、写真を手にとりたくなくて、別れたばかりは忘れるのに夢中で遊んでばかりいたもんなあ。整理する時間なんか、なかった。

だから、きっと今がタイミングだと思いました。

長くかかったけど、ま、いいや。

整理できてすっごくすっきりしたshine

それから、前のブログで「天使さんとか守護霊さんとか最近信じるようになったけど、きっと昔も私のことを守ってくれていたんだよねえ」って書いたけど。

その日のエンジェルダイアリーの言葉が「私たち天使は、私たちを信じる人も信じない人も同様に見守っています」でした。

あまりにもどんぴしゃでびっくり。

ほんと、天使さんて、いるんだねえ。

| | コメント (0)

最後の地雷発見

もうほとんど部屋の片付けは終わって、少しの物の移動はあるものの、快適に生活していたんだけど、物がここのところ増えて、まだ押入れの戸袋の中が整理してなかったことを思い出し、本日中の物を出してみたら。

ガムテープでいっぱい封印されていて「あけない」と書いてある段ボール箱を発見。

開けてみたら、前の旦那との新婚旅行と結婚式の写真でありました。

また封印して押入れに押し込んでも良かったんだけど、ダンボール1個分という貴重な場所。整理するしかない。

ラブラブダーリンがいるのだから捨てちゃえ~でも良かったんだけど、亡き父が写っていたりかわいい盛りの姪や甥の写真を捨てるのはしのびない。

何よりも小さかった頃夢だった花嫁姿の自分も残しておきたいし。

ここらで、昔の結婚と決着だ~。

ってドキドキ。

まあ、この箱の整理は心の準備ができたらすることにして、今日はもう1つの箱。

小さい頃のアルバムの整理をしておりました。

小さい頃の私、若い頃の私はなんて幸せそうな笑顔をしているんだろう。

これも、きっとお父さんが経済的にも精神的にも守ってくれていたんだろうな~って思うと感謝。とうちゃんありがとう。

それと、天使さんとか守護霊さんとか最近信じるようになったけど、きっと昔も私のことを守ってくれていたんだよねえ。

そう思ったら、きっとこれからの人生も大丈夫だと思いました。

| | コメント (0)

怒涛の漆喰塗りーそれは修行です

愛のラブラブふすま張りと違い、漆喰塗り。

それは愛を試されるほどの困難きわまるものだった。

な~んてね。

さて。はじめは→

彼がそろえた漆喰塗りの道具で、テンションあがる。

Dougu

まずは、マスキングテープを貼る。

ここらへんはまだ余裕。

マスキングテープは仲良くはがそうね

なんて、まだまだいつものラブモードheart04

Masukingu

次に漆喰の粉を水を入れて混ぜる。

Koneru

漆喰の粉が飛び散るweep

水の加減がわからないcrying

ゆるいような気がする。

漆喰の粉を入れて、さらにまぜる。

重くなって、なかなかよくまざらない。

ダマができるsad

かなりまいるが、まだまだ序の口。

Sikkuinuri

塗り始める。

うまく塗れない。

彼が塗り方を教えてくれるが、うまくいかず。

私の泣きに「修行だ」と、彼。

ううっbearing

それでも、塗ったところと、塗ってないところを見比べるとやはりきれいになっているnotes

Nuttaato 

朝から始めたのに、夕方になっても終わらず。

12月31日、紅白がはじまる頃、やっと塗り終わる。

しかし、乾いていないためマスキングテープを貼ったまま年を越すことに。

まるで、工事現場のような部屋で、新年を迎えるfuji

Koujigenba

そして、ここからがさらに戦いだった。

マスキングテープをはがす時、ボロボロと漆喰が落ちてくるのだ。

机もたたみも真っ白。

2人して、疲れは溜まってるし、掃除がなかなか終わらなくて彼はとうとう、忍耐スタンプカード満タンで爆発。

「もう何もかも嫌」→ 参照

それでも、昼ごろにやっと掃除が終わり、おしゃれなカフェのような部屋になりましたとさ。

窓辺のサンキャッチャーの光が反射して、ときめきのお部屋になったわ~heart02

Kafe

そして、怒涛の漆喰塗りはまだまだ続くscissors

目指せ、職人sweat01

| | コメント (0)

久しぶりにすっきりです

いっきにやったほうが良いって本に書いてある「人生がときめく片付けの魔法」ですが。

大掃除の時にやれば良いやって、ちょこっと残してしまったのですよ。

でもって、もう面倒になってしまったけど、本日続きをやってみた。

そしたら、やはり爽快!

いらないものを捨てるって、気持ちよい。

そして、いらないものがない棚って気持ちよい。

やっぱりもっと早くやれば良かったよ。

そんなはっぴ~な気持ちでいたら、私の愛のシンボルである猫ちゃんにひさしぶりに会いました。

それがね、いつもの猫の子ども猫。

M電力のソーラーパネルの横でひなたぼっこをしていました。

窓越しで写真を撮ったので、窓が反射してうまく撮れていないけど、私が写真を撮っている間逃げずに、こちらを眺めておりました。

親猫より警戒心がないのかも。

かわゆいっheart04

神様、ご褒美の猫をありがとう。

Kodomo

| | コメント (0)

ふすま張り3級か~?

予定通り、今日もふすまの張替えをしました。

先週やったときは1枚両面かえるのに、3時間くらいかかったけど、今日は手順も慣れ、4時間半で4枚半かえられました。

この、半というのは戸袋の小さな扉のこと。

先週はふすま張り初級だったけど、今週は3級ぐらいになったんじゃないかと自画自賛shine

もちろんふすま張りの級があるわけじゃないんだけどね。

あと、残りは彼の部屋の5枚と戸袋2枚で、それがすんだら初段くらいになっているんじゃないかと。

何でも良いから、今よりできる自分になるのって良い気分だなあと、単純に思いましたscissors

| | コメント (0)

これぞときめく新婚ふすま

あと少し残った「ときめきのお片づけ」の続きは、年末の大掃除に残しておいて。

先週からふすまの張替えをしています。

まずは寝室の押入れ扉から変えたんだけど、ふすまをリニューアルするだけで、部屋の雰囲気はは「カビのはえた負のオーラ」から「新婚さん幸せオーラ」に変化したのです。

これはお家全部やるしかないっ。

全部やったあかつきには、ハートが家中飛んじゃうよheart04

これぞ、ときめくheart02

モノから発するオーラって本当にあるんだあ。

そのときの様子を書いた彼の記事がこちら→

Shokunin

Shokunin2

職人気質の彼がていねいに作業するんだけど、仕上がりはやはりプロ仕様とはならず、ちょっとしわになっちゃったけど、それもご愛嬌で、2人の共同作業のリニューアルふすまを見ていると、笑みがこぼれちゃいます。

さて、今度の日曜日もやるよっ。

| | コメント (0)

お片づけ効果?

物が減り、ある程度片付いてしまったので、まだ少し片付けるところが残っているのに、片付けがストップしています。

片付けの参考にしている「人生がときめく片付けの魔法」によると、「『一気に短期に完璧に片づけをやり終えた人』の人生は、間違いなくドラマチックに変化していく」というので、私も足踏みしていないで、ここらで一気に冷蔵庫の中とか掃除洗剤の棚などを片付けなければと思うのですが・・・。

ああ、私のドラマチックが遠のいて行く・・・。

それでも片付けたことで、物の所在地がはっきりし、整理して入っているので、いちいち探さないで、すぐに取り出せるのは気分的によろしい。

それと、来客が多くなった。

今月はもう7人の来客があり、さらに2人の来客予定があり。

ちょっと嬉しいheart02

ありがとう、お家さん。

これも、片付けの効果かしら~。

でもって、困ったこと。

まあ、1年に何回かしかお客様が来ないからと、食器やらスプーンなど、普段使っていないものを捨てて~しまった~thinkふむ。

まあ、そんなもんだ。

| | コメント (0)

清く正しいアルバムに

アルバムの整理が終わりました。

こんなふうに、無印のアルバムにコンパクトに収まりました。

Arubamu

だいたい、時系列に並べて入れていくんだけど、まあ元気だったわな。

アラフォーの私は。

よく沖縄でキャンプして、山に登っていた。

40歳の夏から秋にかけて、羅臼、八ヶ岳の赤岳、尾瀬の至仏山、立山、利尻山、尾瀬の燧ケ岳へ行っていた。

こんなに登るのが「良いのか悪いのか」、「もっと他にすることないのか」とか、いろいろご意見はあるかと思うけど、とにかく登りたくて、夢中だったんだと思う。

そのまっすぐさと、行動力を思うと、昔の私から元気をもらえる。

うん、きっと今からでもそんなふうに、生きられるscissors

まあ、そこまでは美しい話なんだが。

写真はね、ぶれているのとか、同じようなものとかを、捨てていくんだけど、昔の彼たちの写真も捨てていったんだよね。

でもって、残った写真は清く正しい写真でありまして。

そんなアルバムになりました。

おかげさまで、人様にも安心して見てもらえるのだが、私としてはちょいと物足りない。

う~ん。

いっぱい遊んで、いっぱい恋愛して、いっぱい泣いて、そんな旅だったのに~。

ちょっと違う思い出になりましたが、そんなものたちは心の中のアルバムにしまっておこうと思いますhappy02

| | コメント (0)

とうとう写真整理

さあ、「人生がときめく片付け」も終盤の思い出の品、写真の片付けになりました。はあ、はあ、はあ、はあ。

私が旅に出ていた14年前から10年間は、まだデジカメを持ってなかったので、フィルムのカメラで、プリントしては、カメラやのおまけのアルバムに入れて、こんなかんじ。

Shasin

よくもこんなに旅にでかけたもんだなあと、あきれるほどいっぱい写真があるよ。

今はデジカメでいっぱい写真を撮るものの、パソコンで取り込むだけでなかなかプリントしないけれど、フィルムの時は必ずプリントしてたからな~。

旅であったお友だちからも写真が送られてきたり。

このたくさんの写真を今日は年代順に並び替えただけで、終わってしまったよ。

つい、写真を眺めては当時のことを思い出して、舌をかんで死にたくなるほど恥ずかしがったり、身もだえをしたり。

あの人は元気でいるだろうかと、なつかしがったり。

カヌーをしたり山を登ったりキャンプをしたり、そのタフな昔の自分に感心したり。

まあ、進まないわな。作業は。

それでも、楽しい作業であります。

この写真たち、ダンボールに入れて、押入れの戸袋にはいっておりましたが、アルバムに入れなおして、すぐに見られるように本棚に並べるつもり。

すぐ会えるようにするからね、昔の自分。

| | コメント (0)

これは、何?

Wakaranai

今日もサクサクお片づけ。

工具やらコード類を片付けていたら、白い指人形みたいのと、黒いキャップみたいのと、くさりがでてきた。

う~ん、なんじゃ?

きっと必要なものだろう。

でも、引っ越してから3年半以上、一度も使ったことがないんだよなあ。

きっといらないものなんだろう。

いえ~い、捨てちゃえ。

まあ、こんなものばかりが次々と出てきます。

教えて、昔の自分。

これは、何?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧