5月からフレッシュマン

「就職できるかな」のカテゴリーがそのまんまになっておりまして、「さて、どうしたもんかな」と心配されていた方、すみません。

実は3月上旬にもう決まっておりました。

で、なんですぐに書かなかったというと、なんせ、合格先が役所なもので「名簿に載りました」という通知だったんだよねえ。

名簿に載った。

そして一人しか採らないはずだ。

私しかいないじゃん。

だから採用されるってわかっていたんだけど、なんかはっきりしない表記だったので半信半疑だったんだねえ。

しかし、今度の月曜日に任用手続きに呼ばれておりまして。

5月からお仕事ですヽ(´▽`)/

clover

で、受かったところはといえば

あの唯一筆記試験があったところです。

分数の計算も

台形の角度もわからなかったところです。

面接もぼろぼろでした。

でも、受かりました。

そのほか、ぜ~んぶ落ちました。

5個くらい。

clover

で、わかったこと。

就職って縁だ。

正直言って、一番行きたいところに受かった。

落ちたところは、正直言って「受かったらどうしよう」って思っていた。

そんな気持ちが伝わっちゃったのかもしれません。

受かったところに関しては、筆記試験の勉強もしたし

面接対策もHPを読みながらしました。

その勉強にどれだけの成果があったかわからんが、

「就職したいんです」という気持ちは伝わったかも。

clover

で、私なりの就職活動で学んだこと。

「是非就職したい」と思える就職先を探す。

そして一か八か受けてみる。

以上。

そして4月14日に49歳になった私を採用してくれたM市に心から感謝いたします。

| | コメント (2)

飛躍のために

髪を切りました。

明日、日曜日、月曜日と面接が続いております。

それなのに、髪が伸びてきてしまってはねてるし。

白髪はめだってきちゃったし。

どうしたもんかなあと。

                 

でも、去年の11月に髪を染めたときに背中と胸にアトピーが出てしまって、染めたくないからな~って思っていたのよ。

どこで切ろうかとネットでピコピコしていたところ、思い出した。

先日ソースのワークショップで、トレーナーさんが「銀座の菊丸さんがすごい」と教えてくれたんだよねえ。

http://salon-de-kikumaru.com/index.html

で、検索して読んだら、白髪を染めなくてもなんとかうまくカットしてくれそう。

値段はカットだけで10,500円だけど、カラーとカットをしたらそんじょそこらの美容院でも1万円こすし。

と、いうわけで、思い切って行ってみたさ。

昨日。

                

そしたら、お茶とお菓子でしばらく菊丸さんとおしゃべりするの。

生年月日なんか訊かれて、なんと占いをしてくれて「今年からいいよ」「でも、本番は来年から」「今年は準備かな」などと教えてくれました。

それから、カラーをしてアトピーがでてしまったことを話すと「それではまずは治しましょう」とばっさり切られてしまった。

首に髪がかかっているのでなかなか治らないらしいです。

Usiro おお!

              

あとは眉をちょいちょいと剃ってくれました。

              

こんなに髪を切ったことがなかったので、はじめは自分の顔に慣れなかったけど、切った後も、菊丸さんとおしゃべりをしていたら、だんだん自分の顔にも慣れてきた。

              

で、感想。

なんか、できる女みたい。

それから、この髪で服やさんへ行ったら、なんだか店員さんの感じが良かった。

髪がおしゃれだとおしゃれな人と思ってくれたのかな?

               

彼がなんていうか心配だったけど、「かわいい」って言ってくれて良かった~。

履歴書の写真とだいぶ違っちゃったけど、大丈夫かな?

              

菊丸さんはとても笑顔がすてきなおじ様だし、出してくれるお茶がおいしくて。

少なくなると、すぐにまた足してくれて。

そんな普通のことが、信頼できるって思いました。

とっても変えたいとき、お勧めのカットサロンです。

| | コメント (0)

脳みそ山登り

もうさあ、やってきましたよ~。

筆記試験。

まわりはピチピチおねえさんで、脳みそ、とっても元気そう。

うさぎの脳みそ、よれよれだし。

それでも頑張ってきてけれど。

緊張したらいっさい計算ができなくなった。

引き算も、ようできん。

ましてや分数の計算なんて、忘れた。

そんなんで、午前中2時間、筆記試験。

午後は1時間半小論文。

そんなんやったら、もう脳みそ筋肉痛。

山に登ったくらい。

まあ、これで最後だし。

あとの試験は面接だから、笑顔で愛想をふりまいてこようっと。

| | コメント (0)

脳みそ、壊れる

まだ、就活しております。

だいたい、応募書類を出してその後面接ですが、ひとつ筆記試験なるものがあり。

お~の~\(;゚∇゚)/

それでもって、今度の土曜日までその勉強をしようかと。

採用1人のところに、まあ何人集まるのか。

勉強してもだめ~?

なんて思ってしまうが、けっこう面白そうなところなのでここでひるんでなるものかっ\(*`∧´)/

そんなわけで問題集なんぞ、古本屋で買ってやっているんだが。

じぇんじぇんできましぇん。

漢字、読めません。

おかしいなあ・・・

国語の先生の免許を持っているのになあ。

数学、わけがわからん。

クレペリン(ひたすら計算するの)、眠くなりましたっ。

ぷ~。

ぜんぜん、わくわくしねえ(T_T)

| | コメント (0)

役にたてること

このまえ、面接で落ちたんだけど。

そこの人が他の部署でも募集しているから、そちらに書類をまわしておきますといわれ。

すっかりまた面接を受ける気でいたのに、面接を受けないままお断りの電話がきてしまいました。

お~い。期待をさせないでくれ~。時間がもったいないじゃないかあ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

でさ、お断りの理由がだな。

「あなたは事務職というより、キャリアは先生に近いから」って。

おいおい。

19年、児童館に勤めていたけどさ。

2年以上、オフィス仕事もしておりますよ~。

長く生きているだけだい<`ヘ´>

ああ、児童館のキャリア。

役に立たないもんよのう。

しかし、本日たまたま家にプラ板がありまして、それを焼いてキーホルダーを作ってあげましたら、彼が異様に盛り上がっておりました。

Rimg0635_5 知らなかったんですと。

児童館でよくやっていたんだけどね。

ま、彼が喜んでくれれば良いか。

| | コメント (0)

きれいごとは書きたくないが

応募したい会社がみつかったら応募書類を書かなければいけません。

就職活動していた25年前、学生のころは履歴書だけでよかったような気がするが。

今は履歴書と職務経歴書とお願いしますという添え状が必要なんだと。

で、書いているとさ~どうしてもきれい事だったり、自分の過大広告なんじゃないかというものも、書いてしまうのだなあ。

はずかしくも、辛い。ぽりぽり。

                      

それで、面接のとき「これはどういうことなんですか?」なんて突っ込まれて、答えられずに赤面。

それから、「具体的にはどんな仕事をしてきたのですか?」なんて、訊かれて「なるほど、書き方が悪かったな」「説明不足だったな」「どんなことを知りたいのかな」などと、反省したり考えさせられたり勉強になります。

「編集・ライター講座に通ったということは、ライターになりたいんじゃないんですか?」なんて、本心をつかれたり。

おお!私より私のこと、知ってるよ。

                

すごいな~。面接官。

感心している場合でない。

そんな一つ一つの出会いも、すべて神様が与えてくれたのだよ。

ありがたい、ありがたい。

こりゃ、カウンセリングされているようだよね。

質問されて自分をみつめて考えて、発見があって。

面接って好きだな~。

スーツがよれよれにならないうちに~、決まると良いけど。

もうちょっと、いろんな人と会って面接したいな。

           

で、本日の面接、あっさり落ちました。

というわけで、まだまだ続く。れっつ職探し。

| | コメント (0)

セミナーに行ってみるもんだ

ハローワークって情報量は多いかもしれないけど、なんか暗くっていや。

だから「東京しごとセンター」というところに行ってきたの。

そしたらカウンセラーのおじさんが「セミナーに行ったらいかが?」というので、言われるままに行ってまいりました。

                 

8月にも3日間ほどセミナーに行ったけど、「ふ~ん」って。「そんなもんか」としか思わなかった。

でも、今回は半日。

みっちり話を聞いてきたよ               

8月はあまり就職のことを真剣に考えていなかったけど、今回はちょっとまじめに受けたせいかな?

いや~、違う。

私が就職を考えるにあたって一番もやもやしたところのアドバイスがあったからだと思う。

それはね、青臭いけど「どんな生活をしたいかとか」「自分は仕事に何を求めるかとか」そんなことからお話があったからなんだなあ。

                

そういうことって、やはり大切だよね。

そこがもやもやしたままだと、正社員になりたいのかパートでよいのか、どんな仕事をしたいのかわからずに、企業が選べないもの。

                

それから前のセミナーはね、あくまでも企業側に立ったもの。

たとえば、就職するには厳しいだの、書類は折り曲げてはいけませんとか、クリアケースに入れろとか、そんなことばっかりだった。

でも、今回は常に求職者の立場にたったアドバイスであった。

              

たとえば、職務経歴書の書くスタンスとか。

要するに自分の広告書類をどんな風に書けば、読んでもらえるとか。

相手が納得する自己アピールの仕方とか。

この、ずぼらな私がちょっとやってみたいと思いましたよ。

                 

だから、当たり外れはあるかもしれないけど、セミナーって受けてみるものです。

                  

でもって、実はもう面接を受けたところから「採用」って電話がきちゃったんだなあ。

でもね、断ってしまったのだよ。

このブログの「就職できるかな」のコーナーが終わってしまうから。

じゃなくてね、要するに自分の働くスタンスがはっきりしていなかったんだと思う。

面接してくれた企業側の人はほんとうに良い人だったし、熱心に私をわかってくれようと話を聞いてくれたし、仕事も面白そうだったし、近所だし、そんなに賃金も悪くなかったし。

お断りの一番要因は「オフィスに窓かなかった」なんて、そんなことだと思うけど。

               

いやいや、そうじゃないってば。

そんな職場環境も含めて、働くにあたって大切にしたいことは何で、そこがビンゴだったという実感がもてなかった。

すっぴんで行ったし、言いたいことを言っちゃったし、それでもOKっていうところ、もうないかもしれないけど。

こんなご迷惑をかけないように、もう少し自分探しをしてから仕事、みつけます。

離職してから時間はたっているけど、就職しようと思ってからはまだ1ヶ月くらいしかたってないし。

もうちょっと自分を甘やかしてあげようと。

そんなわけで、まだまだ続きます。れっつ職探し。

| | コメント (0)

写真を撮ろう

とろとろと働いていない日々が続くと当然お金も寂しくなって、けちになっていくんだなあ。

でも、就職活動ってけっこうお金がかかる。

履歴書とか交通費とか。

だから写真もついついお安い証明写真ボックスで撮ってしまうのだけど。

これが失敗の元。

半年くらい前に撮ったのは、「びっくりしたおしゃべりおばさん」のようなひどい顔の写真ができちまった。

でも、あんまり就職する気がなかったから、それで書類を出していたけど。

当然落ちるわな~。

                 

で、今回もボックスで写真を撮ったのだけど。

髪、ぼさぼさ。

そりゃ、梳かしたさ。

でも、静電気がおきるのか詰めが足りないのか、「どこのジャングルを探検してきたのさ」といった具合に髪が乱れていて使いものにならぬ。

え~ん。

私の700円、返して。

                  

仕方がないので、ここはプロの力を借りようと写真館へ。

4枚2,415円。

かなり痛いが仕方あるまい。

写真館ではおばちゃんがパシャパシャ写真を撮ってくれた。

何枚も。

データでは18枚だけど、それ以上、撮ってくれたかも。

カメラを向けられると、思わずニッと笑いたくなる私であるが。

「履歴書だから、笑ってはだめです」とそれなりの写真を撮ろうと、おばちゃんが頑張ってくれた。

で、できあがり。

ちょっと賢そうなおば様ふうに撮れた。

許せる。

はじめから、写真館に行けばよかった。

                 

ここにその3枚の写真を載せませんが、想像して笑ってくださいませ。

| | コメント (0)