« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

喧嘩の声が聞こえる

ご近所の家から声が聞こえます。
 
そうとう、ぎゅ~ぎゅ~に家が建っているからねえ。
 
しかも、ケンカの声が聞こえます。
 
あっちからも
 
こっちからも
 
連日。
 
でね、あ~、こわいな~
 
嫌だな~って
 
いつもたまらない気もちになるんだけど。
 
今日はその後、
 
あ、私たちは仲良しで良かったなあって思いました。
 
それから、仲良しは普通のことじゃなくて
 
ありがたいことなんだなあって思えました。
 
さらに。
 
ご近所の家だって。
 
喧嘩しているからって
 
不幸じゃなくて
 
喧嘩できる
 
家族がいるってことで。
 
結構幸せなのかもしれないって
 
思えました。
 
 

| | コメント (0)

素直な私でいたいのですが

彼がさあ
 
「ここは、私が」って
 
おごってくれるの。
 
もう、とっても嬉しい。
 
でもさあ、
 
それが続くと
 
「だいじょうぶかぁ」って
 
勝手に心配して
 
「いいよ。家計から出すから」
 
なんて、遠慮してしまうのが
 
い~け~な~い~~~~
素直に
「ありがとう」
受け取る私で
ありたいのです。
宇宙さ~ん、それで、いいですよねえ。
 
 
宇宙さ~ん、よろしく。

| | コメント (0)

なるべく自由にいようと思う

彼が週4日、外に働きに出ていたんだけどね。
 
9月下旬からまた、家にいます。
 
あ~、彼が外にでているとなんか自由でよかった~
 
なんて思ったんだけどさ。
 
いても、私の自由にすればよくって
 
それは自分が選べるんだなあって思った。
 
自分の問題。
 
自分の問題。
 
二人して心地よいようにしていこう。
 
私が幸せだと。
 
きっと彼も生きやすい!
 

| | コメント (0)

 太陽って彼だった

男の人がさあ
 
好きな人に
 
あなたは私の太陽ですってくどくとか。
 
家庭でおかあさんは太陽みたいに明るいとか。
 
そんなことを聞くけど
 
我が家は彼が太陽だった。
 
その太陽がさあ。
 
元気ないからさあ。
 
もう、家の中が暗くって。
 
彼は私を笑わせるのが得意なんだよねえ。
 

でもって、今の彼は私を笑わせる元氣、ないんだよねえ。

 
私が笑っていられるのは
 
彼のおかげだって
 
わかりました。
 
いつもありがとう。
Hituji

| | コメント (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »