« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

無謀な私

今日の夕飯はシュウマイでした。
 
「ねえ、シュウマイつつむの手伝って
 
あのね、初めて作るんだけど
 
包み方わからないんだけど」
 
と言っても、怒らず手伝ってくれる彼が好きです~。
 
それにしても、めちゃくちゃだよねえ。私。
 

| | コメント (0)

おやすみ絵本

あいかわらず、寝る時に
 
彼に絵本を読んだり
 
読んでもらったりしています。
 
最近、図書館で借りてきた絵本たち↓
Ehon2
長新太さんのキャベツくんシリーズと
 
いとうひろしさんのおさるシリーズがおもしろい。
 
学童クラブに勤めていたころは、
 
子どもたちに読んであげるのに
 
 
図書館で絵本を選んでいたなあ。
 
いま、それが役に立っているんだねえ。
 
人生無駄なし。
 
どうぶつニュースは知りませんでした。
 
新しい絵本をみつけるのも、楽しいです。
 
好きな絵本があったら、教えてね。
 
ほんわか、和むのが良いです。
 
 

| | コメント (0)

聞きながら眠る

あいかわらず、眠るときに彼に本を読んでもらっています。
 
図書館で本を借りてきました。
Ehon
大人が読んでも面白いし
 
そののどかな世界に癒されます。
 
絵本なので
 
絵を見ないとぜんぜん面白くなかったり
 
わからなかったりする時もあるけれど
 
想像しながらききます。
 
ああ、「そらをおろす」ってなんだろう。
 
 
「おろしたそらにはいる」ってなんだろう。
 
そうしているうちに眠ってしまいます。
 
彼が私に本を読んでくれるのも幸せ
 
彼の声をききながら眠るのも幸せ
 
ほのぼのとした物語を
 
想像しながら眠るのも
 
幸せなんだなあって思いました。
 

| | コメント (0)

本を読んでもらいながら寝た

Hon
昨日はこの本を彼に読んでもらいながら寝ました。
 
この本は何度も読んだことがあるので、
 
彼がいま、この物語のどのへんを読んでいるのかわかるのですが
 
半分もいかないうちに
 
記憶がなくなったと思います。
 
本を読んでもらいながら寝るって幸せです。
 
安心するもの。
 
今日は違う本を読んでもらおうっと。
 
 

| | コメント (0)

暑くて狭いキッチンで叫んだが

暑くて狭いキッチンでいらつく夏です。
 
彼とラブラブで二人で夕飯の支度をしたいのに。
 
狭い。
 
イライラ。
 
コンロと冷蔵庫の暑さに
 
イライラ。
 
で、彼にあたるんだけどね。
 
そうすると天使のように優しい彼は
 
「引っ越すか」って言うの。
 
でもね、私はその言葉より
 
「大変だね、頑張っているね、ありがとう」って言ってほしかっただけなんだなあ。
 
きっと。
 
そして、その心の奥では
 
彼が仕事で頑張っているのに
 
私はフリーズして何もできていない
 
自分の劣等感みたいのがあって
 
彼に
 
褒めて欲しいだけなんじゃないかと思うわけです。
 
 

| | コメント (0)

私のことを「かわいい」と彼が言うわけ

彼は私のことを「かわいい」とよく言います。
 
昨日おともだちとおしゃべりしていて、
 
「うちの○○はそんなこと、言わないよ」
 
ってうらやましがっていました。
 
「かわいいよ」って言ってもらうためには
 
「かわいい」って言って
と、お願いするといいです。
 
13歳年下の彼は
 
はじめ老けている私を
 
たいそう嫌がっていました。
 
仕方ないね、自分で選んだから。
だから私は
 
「かわいい」って言えばかわいくなるよ
だから言って
と教えてあげました。
 
(ほんとなんだも~ん)
 
それからよく、
 
「ねえねえ、かわいい?」って彼にききます。
 
はい、「かわいい」と言わせるためです。
かわいいと言われれば、気分が良いです。
 
うふふふ。
 
私が気分が良いと、我が家は幸せです。
 
どんなもんだいっpout
 

| | コメント (0)

夢の中で言い合い

夢の中で
 
彼と言いあいのケンカしてました。
 
朝起きて、そのことを彼に言ったら
 
彼が「ごめんね」と謝っていました。
 
なんのこっちゃ。
 
なんだかわからないけど
 
私が怒ったり、不機嫌だったり、泣いていると
 
すぐ彼が私に謝るので
 
ケンカになりません。
 
とにかく夢の中で
 
すっごく悲しかったので
 
言いあいの喧嘩はいや~。
 
わけもわからずだけど、
 
すぐ謝ってくれる彼がありがたいです。
 
あ、でも、時々彼に怒っているときもあるけどね~。
 

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »