« 恋愛をしていたころ、幸せだったと思う | トップページ | ひとりでできたもん(>_<) »

ひとりの暮らし

彼が山小屋へ行って2週間たちました。

7月の山小屋留守番は、はじめ、のびのびしようって思っていたんだけど、最後のほうはすっかり寂しくなりました。

でも、今回は一人の覚悟というか、そんなことをしたのであまり寂しくなりません。

以前、遠距離恋愛をいっぱいしていたので、その時に恋しい寂しいをロックする方法を身につけたのかも。

でも、今朝彼から電話がかかってきて、そうとう興奮しちゃいました。

嬉しかったです。

一人だといつも気が付かなかったことがわかります。

たとえば、ご近所の生活の音。

いつも二人でおしゃべりしたり歌を歌ってうるさくしているので

ご近所さまのキュルキュルとねじ式の鍵を開けて窓を開く音とか。

朝の箒で掃除する音とか。

知らなかった。

騒音じゃなくて、ああ、生活しているなあってホッとします。

それから一人だと本当にサクサクいろんなことができて、時間に無駄がないです。

彼と一緒にペースを合わせるとか

待つとか、いつもはやっていたんだなあ。

一人でサクサクやるのもいいけど、待つ間に休憩していたんだなあと思いました。

二人でもサクサク心地よく動けるといいなあ。

よい加減で。

あと、いいなと思ったのは食べたい時に食べたいものを食べたい量で食べられるってこと。

いつも彼がいるのであまり食べたくなくても、時間だから作って食べるとかしてました。

変な時にお腹がすいて、腹いっぱいの時に食べていたけど、自分の体と相談しながら食べると、体が敏感になると思った。

今、こういうものが食べたいよ。

夕飯の時間だけど、今日はいらないよ。

私っていっぱい食べていたけれど、本当はそんなに食べなくても良いみたい。

そんなことを感じながら、彼と二人で自分のペースに合わせながら仲よく暮らしていけるといいな~って思いましたよ。

たまには一人の時間も大切だよねえ。

一人の時間のプレゼント、ありがとう。

o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

東京都小金井市のレイキとタイ古式マッサージのおうちサロン「花うさぎ」のブログはこちら☆☆☆

HPもよろしくね→☆☆☆

おうちサロン「花うさぎ」は古い平屋。昭和レトロのなつかしさです。

|

« 恋愛をしていたころ、幸せだったと思う | トップページ | ひとりでできたもん(>_<) »

「恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 恋愛をしていたころ、幸せだったと思う | トップページ | ひとりでできたもん(>_<) »