« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

お風呂の自由宣言

「自由で仲良し」の彼との関係を目指すべく、「歯磨き自由」の次は「お風呂自由」にしたいなあ~と思っていました。

そう思っていたら、彼が「ボクはこれから早起きにするから、早くお風呂に入って早く寝る」と宣言しました。

おお、なんと!

彼からお風呂自由宣言をしてくれた!らっき~\(^o^)/

今までず~っと彼にあわせて、早く入りたかったのに午後10時過ぎまではいるのを待っていた私。

そのことを思うと、それは自分勝手すぎるんじゃないあと、むっとしたけれど。

「ああ、これで私も好きなときに風呂に入れる~」っと喜んだわけです。

で、今は彼に合わせることなく

一緒に入ったり、一人で入ったり。

で、わかったんだけどね。

お風呂って、2人で入ったほうが楽しい。

2人で入ると背中を流しっこするし、おしゃべりするし。

それが楽しみだったとわかった。

一緒だと不自由、きゅうくつ、いや~って最近もりあがったけど。

な~んだ。

一緒だと楽しいこともあよねえ。

そんなことも大切にしつつ、まだまだ彼との心地よい距離を新しくつくっております。

「心地よく、自由で仲良し」目指します。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

レイキとタイ古式マッサージのおうちサロン「花うさぎ」のブログはこちら☆☆☆

| | コメント (0)

ロマンチックな会話って

ひさびさの日記です。

ちらちらとチェックしてくださった方々、ありがとうございました。

この1週間ほど、私がレイキ伝授を受けた発芽*レイキアカデミーさんの「神様のお仕事まつり」というイベントに出展するため、準備でわらわらしておりました。

土曜日、終わってほっとしてます。

私はおうちサロンでタイ古式マッサージやらレイキカウンセリング&カードリーディングやらレイキヒーリングを提供しているのですが、このおまつりで出展した内容は草木染のハンカチとイラスト&メッセージカードでありまして、相変わらずの人生迷宮ぶりです。

ああ、私。

この先、どこへ行く~。

あ、でも楽しかったあ。

こんな日々でも、彼とは仲良くおもしろおかしく過ごしてました。

夏至の日は、1000000人のキャンドルナイトにならい、我が家でもキャンドルを灯して夕飯を食べていました。

キャンドルの灯はロマンチックです。

「ねえ、ロマンチックな会話をしよう」と彼。

急に言われてもねえcoldsweats01

食事の時は、いつもはテレビを見て、2人でテレビに突っ込みを入れながら食べているのですが、確かにキャンドルの灯で食事をするのは気分が変わります。

五感が鋭くなります。

暗くてもだんだん目が慣れてきます。

外のいろんな音が聞こえました。

食べ物の味をじっくり味わえます。

電気の灯りとテレビの音は感覚を鈍くしているんだあって思いました。

お料理が暗くてよく見えないのが残念だったけど、たまにはキャンドルの灯で食事はいいな~と思います。

ロマンチックな会話、次回までに考えてこうっと。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

レイキとタイ古式マッサージのおうちサロン「花うさぎ」のブログはこちら☆☆☆

| | コメント (2)

ご飯を済ませて待っていた

木、金と1泊2日で静岡の実家に帰っておりました。

いつも、夜帰ってくると、彼がお腹をすかせて待っていて。

静岡から疲れて帰ってくるのに、すぐにご飯の支度をするなんてちょっと憂鬱。

でも、今回は午後8時頃帰ったら

何も言わなかったのに

彼がご飯を済ませて待っていました。

あ~、楽チン。

最近、仲良しだけど、私は無理をして家事を頑張らず、彼に合わせない。

そのかわり、イライラしないで笑顔で過ごす。

そんなことを心がけています。

私がそう思えば、現実はそうなるんだ~と、喜んでおります。

note

静岡では姉の家に行って、セッション交換をしてきました。

姉はリフレクソロジー、私はタイ古式マッサージ。

小さい頃からぜんぜん似てなくて、タイプも違う姉妹だったけど、

なんかこの年になって、姉妹でお体をケアさせていただくお仕事をするようになっていて、

やはり縁のある魂だったんだな~って思いました。

| | コメント (0)

私の愛のシンボルが~

家の周りを、のそのそと歩いている猫を私は愛のシンボルにしていました。

☆☆☆

だからその猫を見ると、なんか嬉しかったなあ。

しかし、最近いなくなったのだよ。

ちょっと前にこの猫に追い掛け回されている様子を見たので、縄張り争いに負けたのかな?

いつも愛のシンボル猫がなごんでいた、迎えの家の屋根にいたのはこの子。

P1030784

私としては「そこ、あなたの場所じゃないから」って言ってあげたいのだけど、猫には猫の事情があるんだろうな~。

一番最近みた愛のシンボル猫は、なんか痩せていて毛並みが悪かった。

今頃どうしているのかな。

どこかで、またのん気に昼寝をしていて欲しいな。

と、新しい黒い住人を受け入れられない私なのでした。

| | コメント (0)

「いのちを楽しむー容子とがんの2年間ー」

「いのちを楽しむ」なんてステキなフレーズなんだって思いました。

そんな映画を観にいってきました。

公式サイト→☆☆☆

彼が書いた記事→☆☆☆

がんで亡くなった容子さんの最後の2年間のドキュメンタリー映画です。

いろんなことを感じたので箇条書きに

・容子さんの主治医の近藤誠先生がステキ。「患者よ、がんと闘うな」という本を書いている人です。診療シーンがでてきたけれど、病気だけじゃなくて、患者さんに向き合ってくれる人だなあと思いました。

・まわりの仲間たちがステキ。容子さんをサポートしている人たちは、容子さんからいっぱい豊かな時間をもらっている。つい、人に迷惑をかけてはいけないとか、世話になりたくないって思うけど、人から世話になるって双方いいことかも。

・私も散骨して欲しい。容子さんは福島県の生まれ故郷の自然豊かな田舎に、骨を散骨してもらっていました。ああ。私もそういうのがいいなあ。

ともちゃんのブラッシュアップクラスで「死ぬ時に、どんな状態でありたいですか?」という質問に「森の中で死ぬ」って答えたけど。答えたわりには「そんなのできるの?山で遭難か?」って。

でも、森に散骨してもらったら「森のみなさんに、お帰りなさい~」って迎えてもらえそう。私は八ヶ岳の山の中がいいなあ。

と、いろいろ考えさせられる映画でした。

これ久しぶりのデートで観た映画でした。

渋谷のシアター・イメージフォーラムで上映中です。

| | コメント (0)

ずっとやりたかったことを、やりなさい。2 終了\(^o^)/

予定より大幅に遅れて、6月1日にワークを終了しました。

「ずっとやりたかったことを、やりなさい。2」

さて。

何が変わったのかなあ。

clover

私はずっとやりたかった、ピアノとダンスを始めました。

ずっと「やれない」と思っていたけど、やれたのは自分にやる許可ができたのだと思います。

お金にならないことでも、仕事じゃなくても

人生でやりたいことはやればいい。

この本を読んでそう思えました。

clover

今まで「自分のやりたいこと=仕事」にこだわってきたけれど、

やりたいことをやって満足すると、仕事は人の為にやりたいって思えました。

人に喜んでもらうことも私にとっての幸せだから。

clover                 

彼と一緒にやって、1週間ごとシェアし合いました。

彼が仕事以外にやりたいことがいっぱいあると知りました。

きっとこのワークをやらなければ、知らなかったことかもしれません。

特にそういうことはあまり話さなかったし。

ワークをやることで気がついたこともあるので。

彼の人生でやりたいことを知って嬉しかったし、心から応援したいと思いました。

彼も私のピアノは応援してくれます。それが嬉しいです。

clover

彼の変化といえば、毎朝のモーニングページをすることで、一日の予定が決まり、さくさくと動くようになりました。

私もさくさく動きたかったので、彼を待っているストレスがなくなりました。

以前の彼は休みがなかったり、徹夜をしたりしていたけれど、今は週休3日を目指しています。

実際は週休1,2日ですが、以前よりだいぶ休めるようになったかな。

それに徹夜はあまりしなくなり、何よりも早く起きるようになりました。

そして、前のように頭痛を訴えなくなりました。

clover

とにかく、すごく読み応えがある本で、それを理解してよくかんで飲み込むのは、まだまだできていません。

終わったばかりだけど、繰り返しやりたくなる本です。

というわけで、12週終わったところで、ぐっとくるシェアができなくてすみません。

また、時間をおいて第2回目をするときに、報告しようと思います。

| | コメント (4)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »