« 彼がまたもや地雷を踏んだ | トップページ | ほめて、ほめて »

やり残していた課題

彼の努力やら、いろんな人に話しを聴いてもらったりして、かなり私の心は癒されてきたけれど。

なんか、人生のうちで繰り返す同じパターンの残念な出来事(←具体的には私は男性から一番に大切にされていなくて、私の気持ちも酌んでもらえない)はどこから来ているんだろう。

それを知りたくて、あかりカフェで個人セッションを受けてきました。

そこでわかったことは

「流産したり子どもができなくて、自分はダメな女である」という想いがあることに気付きました。

何か上手くいかないことがあると、行き着くところは

「私は何をやってもダメ

一番望んでいた妊娠と出産ができなかったし」

という思いだったりします。

「子どもができない私は頑張らないと愛されない」というのもあります。

ぐわ~ん、どうすればいいんじゃ~。

まずは「流産や子どもができなかったことについての残念な思い」に向き合うしかないんだなと思いました。

まさに、まず自分で自分の気持ちを酌んであげることかも。

けっこう、ヘビ~crying

きっとこの一年、生理がないな~と思ったとき、「もう、子どもはできないんだ」という悲しくて怖くて寂しい自分の思いに寄り添うことが必要だったんだろうけど。

サロンをはじめたり、いろいろ資格を取ったり講座に通ったりで、その気持ちをないがしろにしてきたんだよな~って思いました。

で、どうしよう。

自己ヒーリングかなあ

彼にもヒーリングしてもらおう

子宮ちゃんにお灸をしてあげよう

アートセラピーの本のワークをやろう

絵を描こう

など、浮かんで。

「正確な言葉にならないこの思いを表現するしかないよ」と思ったら。

ピアノを弾こうと思いました。

でもって、来週体験レッスンに行ってきます\(^o^)/

おっと、話を戻します。

なんか、自分自身が大丈夫って思えれば

自信がつけば

「私は男性から一番に大切にされていなくて、私の気持ちも酌んでもらえない」みたいなところはどうでも良くなるんじゃないかと。

そうなることが、一番楽しみです。

|

« 彼がまたもや地雷を踏んだ | トップページ | ほめて、ほめて »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

先日Facebook繋がりでブリージングストレッチの婦人科系講習会っていうのに行ったんだけど、
そこで
閉経するともうカラダは自分の為だけに使うことができる。だから女は60歳過ぎてからが本当に美しいみたいな話をきいたの。

その辺含めてうさぎひめさんにシェアしたいな、会いたいなぁなんて思ってたけど…
今月会えそうな日が2日位しかないかなぁー
私も同年代だし。
私からしたら、たくさん愛されてると思うのに…

投稿: えみ | 2013年5月 2日 (木) 06時06分

えみちゃん、いつもコメントありがとうございます。
なんか、ステキなお話ですね。
これからがとっても楽しみになる(*^_^*)
また、メールします。私も会いたいなあ。

投稿: うさぎひめ | 2013年5月 2日 (木) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 彼がまたもや地雷を踏んだ | トップページ | ほめて、ほめて »