« これからのなんとかなる | トップページ | 伝わっていないもどかしさ »

流産した心と体の痛みはどうすれば良いのだろう

昨日、今年流産したお友だちとおしゃべりして、やっぱり病院の対応でいやな思いをしたり、流産後の自分の体がどんなふうに回復していくかわからなかったり、不安だったり。

そんな話をしていました。

私が2回目に流産したのが6年半前。

その時も同じような不安を抱えていた。

元気になろうとするけれど、なんで悲しみばかりが増すのか(女性ホルモンの変化のせいらしいけど)

なんで、力が出ないんだろう。

なんで、こんなに冷えるのだろう。

私は元気になれるのだろうか。

妊娠の本はあっても、流産の本はなくて。

そんな状況は私の時と同じようで、時間はいっぱい過ぎているのに、ちっとも状況は改善されていなくて。

それががっかりしました。

人それぞれ違うっていうけれど、流産した時の心と体の取扱説明書、自分と家族と職場など周りを含めて。

そんな本があったらいいな~と思いました。

|

« これからのなんとかなる | トップページ | 伝わっていないもどかしさ »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« これからのなんとかなる | トップページ | 伝わっていないもどかしさ »