« 愛のシンボルの足跡 | トップページ | クリスタルだって洗って欲しかったみたい »

愛のお食事券

彼は家で仕事をしているので、ほとんど家で食事をする。

1日3食+おやつ付ティータイム

その準備は全部私がしているわけで。

今は仕事をしていないので、できないこともないけれどかなり負担になってきて、イライラすることがあり、彼にあたったりするのだなあ。

これではいけない。

だから食事の用意1ヶ月90回分のせめて、10回は彼に負担してもらおう。

というわけで「愛のお食事券」を作りました。

それと、私だってお友達とお食事したり、遠出をして昼に帰って来れないこともあるし。

そのとき彼に1人で食べててもらうために、「私は自由な風券」も作りました。

両方1ヶ月10枚ずつです。

Ken

まあ、今までも、「1人で食べててね」って言えば1人で作って食べていたようですし、彼が食事を作ってくれることもあったけど。

つい、言うのがめんどうだったり、「悪いかな~」って思って、無理していたのよ。

図書館にもう少し、いたくても「あ、お昼の準備があるから帰らなくちゃ」とか、朝から買い物に出たくても昼ごはんを食べてからじゃないと、出かけられなかったり。

で、そんなことが積み重なると、彼のことが嫌いになりそうだったので、無理をしないことにしました。

中身の券なんだけど、紙にミシンをかけてすぐにちぎれるようになっていて、前の日に渡します。

でもって、おやつはまあ各自で。お好きな時に。

もう、こうでもしないと、私の時間って細切れにしか使えなかったりする。

は~は~は~。

こんなことをしてなくても、自由にしていれば良いんだけどね。

なんか、めんどくさいなあ。私の性格って思います。

|

« 愛のシンボルの足跡 | トップページ | クリスタルだって洗って欲しかったみたい »

「恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛のシンボルの足跡 | トップページ | クリスタルだって洗って欲しかったみたい »