« 仲良しのわけ | トップページ | こういう場が欲しかった »

笑える「南極料理人」

昨日は11日でお近くのレンタルDVDやさんの半額サービスデーで「南極料理人」を借りてきました。

笑えました。

きれいな女優もいないし、戦いもないし、誰も死なないけど充分楽しめました。

これって、よほど頭の良い?脚本だと思うよ。

ペンギンもアザラシもいない「南極ドームふじ基地」に男8人が観測員として1年以上一緒にすごすわけです。

でもって、ムシャムシャ7人の男たちがおいしそうに食事をする様子を目を細めて満足そうに眺める南極料理人の顔がいい。

ほんと、一緒に美味しいご飯を食べるって人間の幸せだよなあと、思いますよ。

だからこそ、日本に残してきた家族を思うシーンで胸がきゅ~んとなるわけで。

笑いあり胸きゅんありで心が大きく揺れるのに、はじめ書いたとおり、誰も死なないし、戦わないし、きれいな女優も出てきません。

監督もやった脚本を書いた沖田修一さんってすごいな~。

我が家の小さなテレビで観たけど、大きなスクリーンで見たかったな~。

伊勢えびフライ。

http://nankyoku-ryori.com/

お勧めです♪

|

« 仲良しのわけ | トップページ | こういう場が欲しかった »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仲良しのわけ | トップページ | こういう場が欲しかった »