« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

白が着たい

赤、緑、紺、ピンクとその時々で好きな色が変わってくるけど、今は白が好きで、昨日も白い布をユザワヤで買ってきました。

白が好きになったことないな~。

第一、白い服は汚れが目立つ。

なぜ、こんなに白が着たいのかな?

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

最近「カラーセラピー」(池田朝子著)という本を読んでいると、なかなか面白くて。

たとえば、「過去を振り返り、そのときのイメージに合った色を塗りましょう」なんていうワークがあったりするのですが、あの15歳から20歳の青春ときめく美しい時を私は紫で塗っていたり。

そう。勉強は嫌いだったからちょっと暗い紫のイメージ。

旅をして恋をして遊び歩いていた40歳前半はオレンジ♪たのし。

など。

昔、置いてきぼりにされた感情が色で表現することによって、出てくるんだよね。

たとえば、その時辛かったけど、辛いと落ち込むとどこまでも落ちていきそうで怖かったから、元気な振りしてごまかしていた離婚直後も、今ならグシグシと茶色で塗れる。

今更ながらに切なくなって、昔の自分をなでなでしてあげたい。

そして、今はピンク~。結構ほのぼのと幸せ。

過去を塗りながら振り返ると、辛い時も良いときもあったから、これから辛いことがあっても、また良いことがあるさ~って思えるし。

辛い時と幸せな時の理由って考えていくと、これから幸せになるキーワードも浮かび上がってくる。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

さて、はじめに戻って。

そんな本に書いてあった白の意味なのですが。

「過去を断ち切って、新しい一歩を踏み出す」だそうです。

「自分の目標をしっかりもつことを心がけると、バランスがとれます」

はい、その通りだと思います。

とりあえず、やれそうな仕事を探す。

とりあえず、賃金の良い仕事を探す。

とえあえず、彼との一緒の時間を確保できる仕事を探す。

そんなんじゃ、いけないのだろうな~。

でも、よくわかんないけど新しいこと、したいのだろうな~。

また自分が何かやらかすのかなあ。

とりあえず、買ってきた布で服をつくろうhairsalon

| | コメント (0)

波照間の旅日記をアップしました

「うさぎちゃんの部屋」に4月に行った波照間の旅の日記をアップしました。

南の島の海を眺め「美味しい人になりたい」と思う

http://usagihime414.sakura.ne.jp/haterumataketomi.html

今回は一人でま~ったり行ってきました。
まだまだ胃が本調子ではないので、自炊宿に泊まって。
南の島なのにテンション低い。
まあそんな旅も良いだろう。
読んでね。

| | コメント (0)

実は働きたくなかった

12月に仕事をやめてから4ヶ月半。

ああ、いいかげん次の仕事を見つけなければ貯金がやばい。

だから、就活だあと髪を染めたのが4月下旬。

見事にかぶれましたあ~。かゆいです。痛いです。

その後、花粉症じゃないのに花粉症になり、花粉症の薬でだる~くなり、しかも胃が痛くなり。

新しい靴を買って靴ずれになったら、そこから菌が入って歩けなくなり。

足が痛くて腫れて38度の熱が出て、医者へ行って抗生物質をもらって飲んだらまた胃がいたくなり。

なんとか復活して、ああ就活だあとどこかの応募先の応募用紙をダウンロードして。

そんな事をしていながら「やるきなしpunchannoy」とうじうじ心が言うので、占いへ行ったら。

「あなたはまだ休んでいたいはずだ。まだ心の傷が癒えていない。職場が嫌なのもだと思っていたら、またそんな職場を引き寄せてしまう。だから、まだ休んでいなさい。もやしでも食べて節約して」

と言われたから、すっご~くほっとしてただいま心置きなく、家生活をエンジョイしてます。

いえ~いscissors

それにしても、体はえらい。

なんとしてでも、家にとどめようと熱を出したり、花粉症にしたり必死に主張していたんだなあ。

素直に受け取ろう。

でもって、家でしたいことはいっぱいあって。

本を読む、服を作る、絵を描く、家の片付け、庭と畑の世話、お友達に会っておしゃべり、ピアノ、英語など。

そんなんして、家事をしていたらあっという間に毎日過ぎていきます。

たのしnote

で、そんなことしていいの~って不安だが、来年の夏ぐらいから一気に忙しくなって、お金は充分取り戻せるんだと。

その時に備えて、今は充電の時期だそうです。

占い師さんが言うにはね~(星占い)

さて、来年の夏ぐらいに私はどんな日記を書いているでしょう?

それにしても心の言うこと、頭の言うこと、体の言うこと、世間の言うこと。

どれを聞いたら正解なんだろう。

どれを聞けば幸せなんだろう。

体が一番正直で、えらいのかな~。

あ、でも今回は占いの言うことをきいたんだよなあ。

占い師さん、助けてくれてありがとう。

これからは、もっと体と心の声をきいて、自分を信じてあげたいと思いました。

| | コメント (0)

こういう場が欲しかった

5月15,16日と整体教室があって行って来ました。

まだ2ヶ月目で、ほとんど顔と名前が一致しないのですが、課題のシェアをして行く中で「不妊です」とか、「流産しました」とか言う言葉がでてきて、ああ、やっとそういう話ができる人と出会ったとほっとしています。

今までいなかったからな~。

みんな一人で抱えていたのかな?
私はここのブログで言えていたけど、やっぱり一方通行で、「辛いんだよね」って言ったら「そうだよね」って返してくれて、「諦めきれないんだよね」って言ったら「私も」って答えてくれる人が欲しかったんだよね~。
できて良かった。

あ、でも流産とか筋腫とかいろんな悲しいキーワードでこのブログにたどり着いた人たちも、抱きしめてあげたいほど愛しています。
きっと、人に言えない悶々とした思いを抱えながら、心に寄り添ってくれる言葉を捜しているんだなあと思うから。
私が流産した時のように。

どうか、ピコピコいろんなページをめくって遊んで行ってくださいませ。

私の言葉が少しでも心の栄養になりますようにheart02

| | コメント (0)

笑える「南極料理人」

昨日は11日でお近くのレンタルDVDやさんの半額サービスデーで「南極料理人」を借りてきました。

笑えました。

きれいな女優もいないし、戦いもないし、誰も死なないけど充分楽しめました。

これって、よほど頭の良い?脚本だと思うよ。

ペンギンもアザラシもいない「南極ドームふじ基地」に男8人が観測員として1年以上一緒にすごすわけです。

でもって、ムシャムシャ7人の男たちがおいしそうに食事をする様子を目を細めて満足そうに眺める南極料理人の顔がいい。

ほんと、一緒に美味しいご飯を食べるって人間の幸せだよなあと、思いますよ。

だからこそ、日本に残してきた家族を思うシーンで胸がきゅ~んとなるわけで。

笑いあり胸きゅんありで心が大きく揺れるのに、はじめ書いたとおり、誰も死なないし、戦わないし、きれいな女優も出てきません。

監督もやった脚本を書いた沖田修一さんってすごいな~。

我が家の小さなテレビで観たけど、大きなスクリーンで見たかったな~。

伊勢えびフライ。

http://nankyoku-ryori.com/

お勧めです♪

| | コメント (0)

仲良しのわけ

GWがおわりました。

みんな、お仕事しているだろうな~。

さてさて。

GW中、どこにも出かけなかったけどいろいろありました。

そして、わかったこと。

私と彼がラブラブheart02なのは平和だから。

彼が実家から持ち帰った問題で、ちょいと私と彼が揺れまして。

ああ、何かあると関係が危うくなるんだなあ。

今までラブラブなのは何もなかったからなんだなあと、改めて今まで守っていてくれた神様にありがとうと感謝したくなりましたよ。

仕事が忙しかったり

あまり会えなかったり

疲れていたり

お金がなかったり

子どもの悩みがあったり

病気だったり

それでも仲良くしているって、なかなか難しいもんだ。

いろんなことがあっても、仲良くしていられるには何が必要なんだろう。

いざ、目の前にテポドンが落ちそうになればレイキも宇宙さんもありがとうもトイレ掃除も役に立たないんじゃないかと思ったり。

今まで幸せになる本を読んでいたけど、役にたつのかなあ。

何があっても仲良くしていられる関係になるには、何が必要なんだろ。

と、すくすくと新緑が生い茂るさわやかな緑をみながらそんなことを考えていました。

む~。似合わん。

そしたら、再び胃が痛くなりましたcrying

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »