« たんぽんは救命病棟24時か | トップページ | 心地よい »

幸せのパーツ

最近・・・。

といっても10月11日のことだったらしいけど。

いつも行っていた近所のスーパーが閉店した。

小さい店舗で波照間島の共同販売所の2倍くらいの大きさで。

と、言ってもわからないと思うけど。

おせじにも綺麗とは言えず、特別安いわけでもなく、品揃えも良いとは言えず、いつもすいているスーパーだったけど私にとってはとても居心地がよく、通っていた。

たとえば、魚のアラが安く買えるとか。

仕事帰りの午後5時半くらいに行くと魚のパックに半額のシールを貼ってくれるとか。

目の前でシールを貼ってくれてそれを買うととてもお得な気分とか。

L玉卵が118円とか。

商店街の桜カードのポイントが増えるとか。

レジはだいたいすいているので、「ちょうど買い物の合計が1000円だった」とか、「桜カードがいっぱいになったからいい事が起こりそう」とか、そんなたわいのない話をするとか。

地下にあるので、店の人に声をかければ階段の上まで買ったものを運んでくれるとか。

なんかそんななんでもないことが好きだったんだな~って思って、もうそんなことも味わえないと思うと寂しくてぼや~っと悲しみにくれてしまう。

clover

けっこう今、日常が好きで、それは彼と仲良しでうれしいとかそんなことだと思っていたけど、日常がすきな理由にこのスーパーの存在があったんだと、なくなって初めて気がついた。

特に告知をされるわけでもなく、いつの間にか閉店してしまったので、さよならとか、今までありがとうとかそんな挨拶もできなかったけど、思い出すたびにありがとうと気持ちを飛ばそうと思います。

それにしても、近所にこのスーパーにかわる居心地の良いスーパーがないのが悩みの種で。

時々行っているS協はあまり安くないし。

安さが売り物の大型スーパーはいつも混んでいて売り場やレジは殺気立ってるし。

なんとなく中途半端なスーパーの商品は愛されて並んでいないような気がするし。

困ってます。

|

« たんぽんは救命病棟24時か | トップページ | 心地よい »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« たんぽんは救命病棟24時か | トップページ | 心地よい »