« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

彼をいじめてしまう

あいかわらずラブラブheart04の私と彼ですが。

本日、一緒に洗濯物を干していた時

彼「今日、お好み焼き食べに行こうか」

うさぎ「わ~、うれしいshine

彼「あ、でも今夜用事があった」

うさぎ「え~、なに?」

彼「六ヶ所村に行く」

うさぎ「それって今夜じゃなくて泊まりじゃん」

彼「そう。車で行く」

うさぎ「お好み焼きの話からなんで、六ヶ所村の話になるの。

なんでもっと早く言わないのpout

ときびしく問い詰めるが、あまりにも唐突な言い方で

あまりにも行き当たりばったりの言動でおかしくてゲラゲラ笑う。

彼のいつもの平和運動だ。

また「家庭を壊す平和運動」といわれると思って言い出せなかったらしい。

それって、私が恐がられているってこと?

そういえば、時々いじめてしまう。

だって絶対怒らないし、優しいんだもん。

ちょいと反省しよう。

でもお好み焼きやから六ヶ所村ってな~。

こんな調子で、「ねえ明日温泉行こうnotesあ、でも思い出した。明日、彼女と結婚するんだったheart02」と言い出しかねない彼。

あまりにも気まぐれ~。

引き返すなら今だrun

その後の落ち。

やはり、六ヶ所村には行かなくなって、部屋でお仕事をしております。

笑えます。くくく。

| | コメント (0)

時間を返せのDVD

レンタルが半額になる16日に借りてきたDVDはアニメの「つみきのいえ」と北野武監督の「アキレスと亀」http://www.office-kitano.co.jp/akiresu/

「つみきのいえ」は今年アカデミー賞なんかとってしまったので、期待してみたがすぐに寝た。

12分の短い映画なのにすぐに眠れる。

全部見れない。ねむい。

以上。

「アキレスと亀」

ああ、日曜日の貴重な午後を返して。

ちっとも心に響いてこないし、つまんないし。

「夢をおいかける夫婦の物語」ってHPには書いてあるが。

そんないい夫婦に思えない。

そんな生活を我慢する妻、幸せか?

ほんとか?

ただ、見終わってからじわじわといろいろ考える。

売れない絵描きの夫は人の意見で右往左往し自分を見失ってるし。

実際そういう奴っていっぱいいるし。

売れない絵描きの夫は芸術だとへんちくりんなことばっかりやっているし。

岡本太郎賞を毎年見ているけど、情けないほどばかばかしいのが評価されていたりして、なんか微妙。違うんじゃないかと思うときある。

そんな、奇を狙いすぎて何がなにやらわからなくなっている芸術に対する批判かな~と考えたり。

なかなか考えさせられる映画でした。

あ、でもやっぱり時間を返して。

あたりのDVD選ぶのって、やっぱり難しいよな~。

| | コメント (0)

微妙な運勢

週4日で残業がない職場なので、あいている時間でなんとか他に役立つものを学びたいと思っていたら、お近くの職業訓練校みたいなところで、ホームページのHTML講座があるというので申し込んだわけです。

1回2時間半位で8回の講座。

そして6500円の受講料。

お得感がただよう、いい講座じゃ。

そんな講座なので人気があるようで20名定員のところに56名応募があったそうです。

そして私は補欠の01番という抽選結果の通知が来たわけで。

う~、中途半端な結果だよ。

これは運が良いのか、悪いのか。

あともう一息ではないか。

さて。

辞退者が有らば10月21日に連絡が来るそうで。

どうなることやら。

あいかわらず、不規則勤務の職場で本日から5日連休♪

本日から3日間台湾へ行きます。

彼は初めての海外旅行で緊張してます。

くくく、こちらもどんな旅になることやら・・・です。

| | コメント (0)

平和な休日

Rimg2103 今日は休日。

彼も自主休日。

自営業ですから。

それでもって、朝から畑仕事をして。

ニラの花が綺麗だねっていって。

大根やらカブの間引きをして。

Rimg2106

それから家の近くのお菓子屋さんで団子を買ってきて、水筒を持って公園までお散歩をして。

そしたら公園に行くまでにいっぱい庭先販売所の野菜を買って。

Rimg2109

公園の木漏れ日が揺れるテーブルの上で写真を撮りました。

それから団子を食べて、芝生の上で寝て。

お家に帰ってそうめんを食べながら借りてきたDVDを観て。

また寝てしまいました。

ひたすら平和でうれしいです。

| | コメント (0)

やはり男子は成長なし

昨日は映画が1000円で観られる日だったので彼と「色即ぜねれいしょん」を観にいきました。

http://shikisoku.jp/indexp.html

原作者のみうらじゅんの漫画にでてくるにいちゃんやらねえちゃんがそのままスクリーンに出てきた感じ。

役者がうまいのか、監督が良かったのか。

その情けなくもバカっぽい感じがリアルに出てる。

よくもそこまで・・・・。

sun

フリーセックス主義の女の子が集まるという隠岐島のユースに行くというストーリーなんだけど。

フリーセックスなんて・・・そんな、ばかなって思うでしょ。

でもフリーセックスはないかもしれないけど、旅って恋に発展するような出会いを期待することってあるし。

私も何度も旅に出て何度も恋をして振られていたし。

ペンション風のユースに泊まったときは

「こんな綺麗なユースって、きっと女の子が好きそうで、女の子がいっぱい来ているよね。ワクワクしちゃうな」っていう男だらけで、女が私一人だったりしたこともあるし。

ああ。お間抜け。

だから現実も似たり寄ったりよね。

sun

そして描かれている高校一年生たちってほんと、すけべ。

女の子の胸の谷間やノーブラに大興奮しちゃうんだな~。

でもこれって私の彼も似たようなもん。

ああ、私の彼ってぜんぜん成長してないじゃんと思ったら。

夜、40歳の男友達が来て、彼と夜7時のニュースのお天気お姉さんの胸が大きいって二人で盛り上がっていました。

まあ、男って一生そんなもんだろうな。

っておばかな男の話ばかりしているわけなんだが、ばかな男の話の中にはやはりおばかな女も出てくるわけで。

それがさ~、ああ、いるいるって思うのよ。

すきだらけで「男の子、すきで~す」と顔に貼ってあるような女が。

まあ似たようなものか。

そんなわけで。

はずかしくもちょっと情けない人間模様がよく描かれていると思います。

これはこれで、楽しめる映画なんじゃないかな。

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »