« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

お勧めDVD

私が利用しているレンタルDVDのお店は毎月1日と16日が半額の日だから、その日に合わせて借りてきます。

2本。

でもって、すごく借りたい映画があるときとまあ、こんなもんと思って選ぶ時があり。

そして見終わったとき、「時間を返せ」と思わず涙する時もあるし、「これはお得なお買い物だったよのう」と満足する時もあり。

そして今回は、「ま、こんなもんか」と借りた割には2本とも大当たりの大満足だったので報告です。

一本め。

「ハッピーフライト」

笑えます。家で見たのでますます、遠慮なしに笑いました。

そして飛行場にまつわる職場の映画だったりするので「ああ、いるいるこんな上司」とか「こんな客もいるよね~」と共感できるのも楽しいです。

単純にフライトのためにいろんな仕事があって、多くの人の力のおかげで飛行機は運行しているんだな~とわかります。

そこで、大丈夫か?格安空港券・・・なんて思うのですが。

あんまり安くなくて良いから「とにかく安全第一でひとつよろしく」と、切に願ってしまう映画でした。

さてさて2本目。

「アズールとアスマール」http://www.ghibli-museum.jp/azur/introduction/というアニメです。

気に入った点。

①映像が綺麗

②異国情緒ただよう

③女の子が好きそうなハッピーエンド

④女の子が好きそうな妖精がでてくる(公式HPにもチラチラ妖精が飛んでいて楽しい♪)

⑤人物が魅力的

など、語りつくせぬ。

我が家の小さなテレビじゃなくて、映画館で見たかったな~。

綺麗だっただろうな~。

さすが三鷹の森ジブリ美術館ライブラリーです。

| | コメント (0)

テレパシーか

最近服を買う夢を2晩続けてみているわけで。

そうとう、作業着みたいな服を着る日常が嫌になっているんだと思い、今日はレースがフリフリついた白いブラウスでお出かけしました。

ゴーギャン展へ行って、表参道でスパゲティのランチを食べて30パーセントオフの札につられて服を買って、明治神宮の入り口のカフェで森を見ながらソフトクリームをなめてほっとして。

ちょっと自分を甘やかして気が済んだところで、そろそろ帰ろうと彼にメールをしたのは午後4時8分。

あとから見たらちょうど同じ時刻に彼からメールが来ていたようで。

時々あるんだよね、ほぼ同時刻に電話をかけたりメールを交わしたりっていうのが。

今日は同時刻に着信と受信があっておお!と感動しました。

彼は同じ時刻に飛行機を見ながら気分転換していた模様。

リラックスしていると通じ合うのかな。

二人の気持ちがリンクしているようなのでなるべく良い気持ちですごして、よい波動をとばしていたいと思いました。

ぴぴぴぴぴ~~

| | コメント (0)

水色の本

Rimg1992 最近1ヶ月以内ぐらいに買った本4冊です。

4冊並べてみると、ぜんぶ水色っぽい装丁で。

ああ、水色を欲しているんだなあ~と思いました。

水色かあ。

普段選ばない色だな。

ここhttp://www.revives.jp/check_water.cfmのサイトで水色について調べたら「この色を身に付けることで、心の迷いがふっきれ、わだかまりを水に流す効果があるようです」と書いてあった。

ああ、迷いばかりの人生さ。

こころにつっかえる心配事が多く、逃げたいのだな~と自分の気持ちをのぞいたようで、切なくなりました。

あ、でもこの本たちを読めば大丈夫そう。

なんとかなるでしょ。

| | コメント (0)

三斗小屋温泉の旅日記

Rimg1902

7月14,15日に行った三斗小屋温泉の旅日記を「うさぎちゃんの部屋」にアップしました。

http://usagihime414.sakura.ne.jp/nasutozan.html

今回、山道を歩いていたら荒れていて途中から道がなくなっておりました。

遭難したかと思ってあせりました。

彼と二人で良かったです。

一人だったら泣きます。

こうやって二人で山歩きしていくと、二人になれて一人で歩けなくなるかな~。

それでも良いか。

| | コメント (0)

二人の持ち物

家にあるものって、二人がお互いに持ち寄ったものなので二人の持ち物ってなくて。

だから二人で家のものを買いに行くって好き。

去年、引っ越したばかりにちゃぶ台と下駄箱を買いに行ったなあ~

http://usagihime.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_592f.html

今回は寝室のランプシェードを買いに行きました。

西荻窪のアンティークショップだよ。

お店の人は「戦前のものだから」とその価値を強調しておりましたが。

そこらへんは特にこだわりのない私にとって、どうでも良く・・・。

しかし、確かに古いものの良さってあるな~と。

灯りをともしてその光のやわらかさにけっこう感動しました。

その昔、この灯りはどこで使われていたもので、誰が見ていたのかな~と想像すると楽しいです。

Ranpu_2 

| | コメント (0)

木からもらった命

最近、大きな木が切られた現場を見に行った。

切られたばかりの木がころがっていた。

木の匂いがすごくした。

clover

いつも見る木は生きている木か加工品だ。

公園の木だったり、家具だったり。

でもね、ここでは木の死体があるわけで。

生命が途絶えたばかりの木の生々しさがそこにあって。

ついさっきまで刻んでいた年輪やまだしめっぽい皮をみると、もっと生きたかった木の思いが宿っているようで切なくなってきた。

clover

でもね。

私の実家は木工所で。

父は職人で。

父が働いて稼いで私を大きくしてくれたって思ったけど。

その稼ぎの材料は木なわけで、私は切られた木のおかげで大きくなったんだなあ。

私が大人になるために、何本の木が切られたのだろうか?

それを思うと、木に感謝です。

そして木のために何か出来ることはないかな~と思いました。

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »