« 高野山の旅日記 | トップページ | 微笑みの国タイはチェンマイだった »

死んだ元彼の誕生日だった

昨日の夜は気持ち悪くて、頭痛がしてだいぶぐずった。

早く寝て、夜中の3時頃起きてしまい。

そしたら電話がなって、彼の仕事がらみのファックスがきて。

まだ、編集部って仕事をしているのねって彼と話して。

そんなちょっと変な夜に見た夢。

なんと、以前付き合っていたけれど死んでしまった彼がでてきたのだなあ。

私が彼の部屋のベッドで寝ていて、彼は朝早くから仕事で私を起こさないようにそっと出て行って。

遠恋でそれきり会っていなくて、好きだか嫌いだか嫌われたのかめんどくさくなったのか、会わなくなってしまい、それから 2年くらいたって彼の訃報が入ったのだなあ。

夢に出てきた彼はいつもの通り、ひょうひょうとして何を考えているのかわからない。

私は彼が死んだのに出てきたので幽霊だってわかって、ちょっと怖いと思っている。

「大好きだったのに死んじゃうんだもん」って文句を言ったら、ちょっと笑って消えてしまった。

アフリカを縦断した彼らしく、一緒に夢に出てきたのがキリンだったのがおかしかった。

朝起きて日記を書いていたら、今日が彼の誕生日だったことに気がついた。

最後に会って1年くらい経ってから、南米より手紙が届いた。

その日付も5月9日だった。

一人が好きな彼だったけど、誕生日くらいは誰かに祝って欲しくて人恋しくなるんだなあと思う。

あの世で、誰かお友だちを作りなさいね。

|

« 高野山の旅日記 | トップページ | 微笑みの国タイはチェンマイだった »

「恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高野山の旅日記 | トップページ | 微笑みの国タイはチェンマイだった »