« つやっぽい老眼 | トップページ | 自然の力か »

お経が好きなわけ

昨日、ひさしぶりに宋先生のところで体を診てもらいました。

先生が言うには「邪気がついてる」そうな。

だから、時々来てとらないと駄目だって。

邪気ってなによ。

どうすりゃいいのよ。

姉に相談したら座禅してお経でも読んでたら~とさ。

本当か?

きっといい加減だけどそれっぽい。

私は寺とかお経とか好きなんだけど、それって邪気に憑かれた体が求めていたものかしら。

どちらにしろ。

邪気を取ってもらった体はウソのように軽くなって、ちょっとだるい。

邪気をとるにはセージのお香を焚けば良いの?

塩を置けばよいのかな?

久しぶりに香功でもやろうかしら。

自分の心根の問題か。

以前、言葉のきつい占い師がお経を読めば病気にならないって言っていたけど、それってあながちウソではないのかな?

そして今。

とりあえず、クレムゾンのマントラを流しています。

|

« つやっぽい老眼 | トップページ | 自然の力か »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つやっぽい老眼 | トップページ | 自然の力か »