« ①「ソース」との出会い | トップページ | ③ワークショップ一日目 »

②「わくわくしなさい」とな

「ソース」の本の表紙には「あなたの人生の源は、ワクワクすることにある」って書いてある。

ワクワクすることなら得意さ。

金にならなくて

金がかかるワクワクすることなら、

絵を描くこと、

文章を書くこと、

ピアノを弾くこと、

旅をすること、

知らない人に会っておしゃべりをすること、

ダーリンと一緒にいること、

ケーキを作ること・・・などなど。

で、本がいうことには、自分らしく生きていれば、ワクワクしていれば、ぴったりと合う仕事が自然にあらわれるそうな。

本当かな~?

そして、自分発見の本にありがちなワーク。

「ワクワクを発見する質問」が27個、並んでいる。

いつものとおり、やってみる。

だから、なにさって感じ。

もう、こんなの100回以上やったし。いろんな本で。

ふむ、目新しくない。

でも、やっぱりこの「ソース」という手法にこだわったのは、

「もうそろそろこのぷー太郎状態から脱出したい」というタイミングにあったからだと思う。

それに、本の最後にワークショップの紹介があったのだよ。

本を読んで「な~んだ」で、おしまいではなく、ワークショップを受けてみたら何かわかるかも。変わるかも~。

受けてみようかな?

42,000円の受講料か。

今の私にとって、とてつもなく痛い。

しかし、ここで一つおまじないをかけてみる。

「自己投資すれば、1000倍以上になって返ってくる」

「でもな~」っと迷っていたら、

行こうとしていたワークショップの募集はあと1名と、HPで見つけてしまった。

こういうのって、弱いのよ。

限定とか、あと1席とか。

これは縁だな。

と思い、電話をかけて申し込んで、しまったのでした。

|

« ①「ソース」との出会い | トップページ | ③ワークショップ一日目 »

わくわくするのだ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ①「ソース」との出会い | トップページ | ③ワークショップ一日目 »