« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

脳みそ、壊れる

まだ、就活しております。

だいたい、応募書類を出してその後面接ですが、ひとつ筆記試験なるものがあり。

お~の~\(;゚∇゚)/

それでもって、今度の土曜日までその勉強をしようかと。

採用1人のところに、まあ何人集まるのか。

勉強してもだめ~?

なんて思ってしまうが、けっこう面白そうなところなのでここでひるんでなるものかっ\(*`∧´)/

そんなわけで問題集なんぞ、古本屋で買ってやっているんだが。

じぇんじぇんできましぇん。

漢字、読めません。

おかしいなあ・・・

国語の先生の免許を持っているのになあ。

数学、わけがわからん。

クレペリン(ひたすら計算するの)、眠くなりましたっ。

ぷ~。

ぜんぜん、わくわくしねえ(T_T)

| | コメント (0)

今年の味噌作り

なんか、去年は二人で住み始めたばかりであまり仲の良くなかった二人の味噌作りでしたがhttp://usagihime.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_d3a6.html

去年作ったお味噌がおいしかったし。

おいしいもの食べてると仲良しになるし。

そんなわけで、今年の味噌作りは暖かい陽だまりの中、仲良しで作りました。

Rimg0876_2 やはり、豆をつぶすのは力仕事ですな。

彼にお任せ~。ありがとう。

さてさて。

今年の味噌作りの前に「野風草」という八ヶ岳の麓にある自然農をやっている家で、味噌作りの体験をしてきました。

「うさぎちゃんの部屋」にアップしたので見てくださいね→

http://usagihime414.sakura.ne.jp/nohuusou.html

| | コメント (0)

卵子がいとおしくなる本

Rannko

こんなかわいい本をみつけました。

「卵子story(ランコ・ストーリィ)」小学館

http://www.babycom.gr.jp/ranko/

女の体の本っていうとさ、あの卵子と精子なんかがリアルに描かれていて、なんかちょっとグロテスク。

真実を伝えれば良いってもんじゃないと思うの。

でも、この本の卵子やら精子くんはかわいい顔をしているので、好きになってしまう。

大切に思ってしまう。

愛しちゃうよ~。

                

そんなキャラクターが話をするように、妊娠やら避妊やら女性の体のトラブルなんかを優しく教えてくれています。

もう、私の卵子ちゃんはおばあちゃんでなかなか出てこないので、こんな本読んでもしかたないかって思ったけど、今まで頑張ってくれた卵子ちゃんにお礼を言いたいと思って買ってしまいました。

私があんなにいっぱい恋をして、楽しかったのもひとえに卵子ちゃんが妊娠したかったのねえ。

そして、やっぱり妊娠出産を諦めきれないのは、卵子ちゃんの「妊娠したい」という切なる願いの営みである排卵、生理を何年も毎月体験してきたからで。

今更ながら、頑張ってきた体にありがとうです。

| | コメント (0)

「怖い」と言われてしまった日

「怖い」と言われてしまった日

悲しいことを悲しいというとあまりにも辛そうでひいてしまうし

楽しいことをただ楽しいと伝えるとなんか自慢みたいだし

正しいことを正しいというと押し付けがましいし

間違ってることを間違っていると伝えるのは暴力です。

              

はい。

彼にしてしまいました。

その暴力を。

あまりにも、悲しくて余裕がなくて。

いつもだったら自分の思いを

笑いに変えたり

歌を作ったりして

彼の心をあまり傷つけないように。

私の思いが伝わるように頭をひねるのですが。

             

昨日は気持ちをそのまま伝えたら彼はびっくりして

混乱して

自分の核シェルターにはいって出てこなくて。

仮の彼がただしょぼ~んとして

「ごめんなさい」と悲壮な顔をするのみ。

劇団ひまわりか。

             

本日、「昨日のMくんにブルーリボン賞をあげたいくらいだ」

なんて冗談も出たけれど。

              

余裕がないほどに寂しくて。

一番気持ちを知ってもらいとき

どうやって伝えるか。

お互いの気持ちをいつでも受け止められるような信頼関係をどうやって作っていくか。

久しぶりに、悩んでしまいました。

           

彼は私を怖いといった。

昔元彼にも「怖い」と言われたことを思い出し。

ちっとも進歩していない自分を嘆きつつ。

でも私はこんなときにでも優しく、

劇団「ひまわり」になれないんだいっ\(*`∧´)/

| | コメント (0)

八丈島の旅日記

八丈島の旅日記を「うさぎちゃんの部屋」にアップしました。

読んでね。

http://usagihime414.sakura.ne.jp/hatijoujima.html

八丈島の混浴露天風呂にはピチピチのお嬢さんがいるはずだ。

だって、以前訪れた時にダイバー帰りのお嬢さんが体を温めに来ていたし。

と、彼にだいぶ期待を持たせてしまったが。

今回も駄目でした。

裏見ヶ滝温泉にはおじさんとおじいさんの二人のみ。

お昼時だったからね~。

もうすこし遅く行けばよかったかも。

来年は式根島の混浴露天風呂だな。

島のおじさんたちもいっぱいいるけど、観光のお嬢さんも混じっているかもよ~。

| | コメント (0)

なぞの電話と命日

昨日は息子の命日でありました。

で、毎年特に何もしないんだけど、なんとなく「命日なんだあ」と暮らすわけで。

1月4日だから忘れないの。

だって仕事始めだもん。

私の中では仕事始めと命日はセットでありまして。

それなのに今年は忘れた。

仕方ないさ。

ただいま失業中でありまして、仕事始めはなし!

そんなのんきな一日の昨夜11:30くらいに電話が鳴った。

もう寝ていたから、彼が取ってくれたんだけど間に合わなくて、誰からかわからないのだよねえ。

そんな夜中の電話なんだから緊急かしら~なんて心配したけど、朝もかかってくる様子はなく。

でも、その電話がきっかけで急に「あっ、今日って命日だったんだ」って思い出した。

天国の息子からのお知らせの電話かしらなんて考えると怖いので、電話しちゃった人!

怒らないから申し出て欲しいですweep

| | コメント (0)

お正月は八丈島で

         

あけましておめでとうございます。

Rimg0684_4

大晦日から船に乗り、八丈島を目指しました。

新しい年は船の中でむかえ。

初日の出は船から拝み。

海が荒れ、元旦から船酔いで死にそうになり。

          

それでも八丈島に着くとすぐに元気になって、八丈富士に登りに行き。

1280段の階段を登り、強風の中綱渡りのような細い道をヨタヨタとお鉢めぐりをし。

その日は5時間半も歩いてもう、体がヘロヘロ。

Rimg0705

次の日はのんびりしようね、温泉めぐりねなんて言っても。

交通手段はママチャリだし。

坂はきついし、途中雨やらあられは降るし、寒いし、温泉に浸かっても自転車をこぎだせば、すぐに体は冷えるし。

          

3日目は足がガクガクで歩くたびに痛くて、顔がゆがんでおりました。

ああ、お正月から何をしているんだか。

         

しかし、こんなに体を酷使した旅は久しぶりで。

体をいっぱい使ったのか、やたら気分がハイなのです。

ここのところ、仕事もせず旅にも出ず家に居たわけですが、頭の中はこれからどうしようと、ただもんもんと動いたのだなあ。

          

体が元気だと、心が明るくなって、そうすると思考も寿になるようで。

まあ、失業中ながら。

まあ、赤ちゃんもできる気配もないのですが、けっこう幸せなお正月を送っております。

           

八丈島の旅の様子はまた「うさぎちゃんの部屋」にアップします。

           

今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »