« 心穏やかでない | トップページ | 悲しみの塊 »

敷金返還のこと

返事が来ない

アパートを引き払ってから一ヶ月以上たっても、敷金の返還がない。

私の敷金はどうなったんだ。

そこで使用した分の敷金があれば清算書をもらおうと、3月12日配達記録でお手紙を大家さんに出した。そしたら、なかなか返事が来ないのよ。

せっかちくんだから、2,3日で来ると思ったよ。返事。

だけど来ないから、どうしたものかと市の消費者相談に行ったわけ。

そしたら敷金返金トラブルって多いこと、もし清算書が送られてこなかったら、電話をかけてあげるって言われた。

消費者相談のお姉さんは優しくてとても話しやすく、この問題に関してなにかとお世話になることになりました。

                    

返事が来た

返事は手紙を出してから11日目で来た。

内容は全部使われていた。しかも6000円足りないけど、こちらで出すと恩着せがましい書き方で清算書が来る。

む~。

その清算書を持って、再び消費者相談へ。

賃貸住宅紛争防止条例だとか賃貸トラブル防止ガイドラインのことなど教えてもらう。

それで、「キズや汚れなど、どんな状態だったか尋ねたらどうか」とアドバイスを受ける。

が、大家との立会いをしていないし、時間がたった今、あそこにキズがあったとか、汚れがあったとか言われても、しかも手紙のやり取りでそんなことをしても話は進まないのではないかと判断。

大家の手紙では「疑問点があったら電話をください」と書いてあったけど、鍵を返しに行ったとき、一方的に「敷金について戻ってこないと思ってください」なんて、強烈に言われ、へこんだ思いがあったので話す気にもならない。

そもそも、一ヶ月以上たっても清算書を送って来ない大家が誠実な対応をするとは思えない。

そこで、こちらの見解とその根拠となる賃貸住宅トラブル防止ラインのコピー、返して欲しい金額を書いて、もしこれで返金してくれないようだったら訴訟をおこすという趣旨の手紙を書いて出す。

そしたら、大家から裁判で話し合いましょうという返事が来て、訴訟の準備をすることになった。

                     

訴訟の準備

ネットでピコピコ調べたり、図書館で本を借りたりして訴訟のことを勉強した。

まずは訴状を書いてだすのだが、敷金返還請求用の訴状が簡易裁判所にはあって、その用紙に必要事項を記入すればOK。

用紙を取りに武蔵野簡易裁判所に行ったら、用紙をくれ費用のこととか少額訴訟のことをいろいろ教えてくれた。

423日、武蔵野裁判所に訴状を提出。

今後の予定など、教えてくれる。

約一週間後に裁判の日について連絡があって、裁判の日は2ヶ月先ぐらいになりそうだ。

ああ、もっと早く解決したいのにな。でも、そういうシステムだから仕方ないのだろうな。

                        

答弁書

訴状を出したら、大家からの答弁書が来るはずで。

いつくるのかな、どんなものが来るのかなとずっとドキドキしながら毎日家の郵便ポストを覗いていたんだけどそれは不意にやってきた。

裁判日の一週間前くらいに、Faxで。そうきたか。

                      

裁判

裁判といっても、司法委員が双方の話をきくといった形ですすんだ。

はじめ、司法委員と大家と私の3人で話していたけれど、あとは司法委員と大家、司法委員と私が話す。大家が話すときは私が退室し、私が話すときは大家が退室するといった具合。

ずっと、胃が痛くて緊張したし、終わってからもぼーっとして、赤信号で横断歩道を渡ってしまうほど精神的に疲れた。

結局、和解で全部敷金がとられていたけれど、67パーセントほど取り返せた。

こんなふうに言ったらもっと、わかってもらえたのにとか

あれも言えば良かったとか今でも思い出すときりきりと胸が痛むけど、裁判なんてはじめてなんだもん。

上手くいえないのはあたりまえ。

もうこんなこと二度といやだあ。

でも、いつも恐い人とか嫌な人とは逃げてきたけど、今回は裁判所の力を借りてでも、話し合いができて良かったと思います。

頑張った。自分。

              

その他

     はじめ、「なんで大家は敷金を返さないんだよう、ガイドラインどおり計算しろ~」なんて、思っていたけれど、はじめから私に知識があったら、退去時の写真も撮っていただろうし、退去時あれこれ言われたその場で反論できただろうし。自分を守れる賢い消費者にならないといけないと思いました。

     大家いわく、「ずっと敷金についてのトラブルはなかった」そうだ。ホントかな。消費者相談の人が「なかなか訴訟までおこす人はいないんだよね」って言ってたけど、泣き寝入りしているわけ?精神的にきついけど、取り返せるお金は取り返したほうが良いと思います。

     それにしても、精神的にずっときつかったです。だから、ネットで調べると敷金返還の相談とか依頼とかあって有料だけどそんなのを使うのも手だったかなって思います。でも消費者相談の人はとても親切だったし、裁判所ではガイドラインにそって話を進めてくれるのでそんなに心配しなくても戻ってくると思いました。

     裁判の前、東京簡易裁判所に敷金返還の裁判の傍聴に行ってきました。裁判所によって、やりかたとか雰囲気とか違うかもしれないけど、様子がわかって良かったです。

     裁判当日はとっても緊張したよ。だから、妊娠していたらお腹の子どもが泣いただろうな~。もう、おしまいだぞ。妊娠するもん。もう大丈夫だから、あかちゃん来てくださいね。

               

敷金返還のことについて書くのは結構きつかったです。でも、ネットでいろんな人の体験談を参考にさせてもらったので私も書くことにしました。少しでも参考になればと思います。

|

« 心穏やかでない | トップページ | 悲しみの塊 »

敷金返してくださいな」カテゴリの記事

コメント

がんばりましたね。
すごいです。
精神的な負担は大きかったと思いますが、終わってよかったですね。その分経験が財産になりましたね。
はなこも、この文章を読んで勉強になりました。
がんばって書いてくれてありがとう。

投稿: はなこ | 2008年6月30日 (月) 01時46分

長いのに読んでくれてありがとう。
今、仕事もせずぼのの~んと生きているので、神様がちょっとは勉強しなさいと、課題をくれたのかもしれません。
知識があれば、防げたトラブルです。
ちょっとは賢くなりましたよ~。

投稿: うさぎひめ | 2008年6月30日 (月) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 心穏やかでない | トップページ | 悲しみの塊 »