« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

動物化

           

8月は生理が20日も続いてしまった。

いつもの漢方を飲まなかったせいかなあと、25日岡田先生のところへ久しぶりに行く。

      

「ねえねえ、筋腫のせいかな?」って訊いたら女性ホルモンがいっぱいですぎるのだと。私の場合。筋腫のせいではないらしい。生理がたらたら続くのは。

岡田先生いわく、「人って元からある動物の部分と後から発達した人間の部分があって、動物の部分がより発達してしまうと女性ホルモンがいっぱいでてしまう」そうな。

「年だから、ホルモンのバランスが崩れているんだよ」なんて言わないところが、ステキ。

               

子どもの頃過剰適応していい子ちゃんだった(自分の思い込みかもしれないが)ので、大人になってから自分を野生化しようと意識してきたのも関係あるのかなあ。

子どもってすぐ泣いたり怒ったり暴れたかったり、なんか、動物っぽいところが好き。

尊敬したりもしている。

大人になると嫌われはしないか、怒られはしないかと回りを気にして感情をぐっと我慢しちゃうもの。

我慢したまま性格がよじれて訳がわからなくなってるし。

           

年をとって子どもに返るって?!

いやいや。

まだ、早いだろ。

             

Rimg1795 最近岩井志麻子の「志麻子のしびれフグ日記」を読んだ。

これでもかというほど、赤裸々で。

志麻子さんの男好きの様子が良くわかる。

こういうのがおもしろいって読めるのも、自分の中の動物さんが反応しているのかなあ。

          

どちらにしろ、動物の本能全開のうさぎは山に帰るしかなかろう。

のどかなところに住みたいなあって最近切実になってきました。

そうすれば、ホルモンのバランスもよくなるかもしれん。

そうか?

都会に通って無理しているのかなあ。

などなど。

考えております。

| | コメント (0)

愛することって簡単だ?

              

土曜日に「【愛の永久磁石】になる方法」(講師 矢野惣一、阿妻靖史)の講演会へ行ってきた。

そこで学んだこと。

愛情は「①見守る②話を聞く③触れる」の3つの要素を使って表現すればよいそうな。

そんなこと、今の彼とは付き合い始めた頃からやっているもんね。

          

ティールームで座って手をつなぎ、見つめあいながら話をするだけで、限りなく幸せになったもの。

         

なんて思ったけど、それはとっても難しいことだと最近実感した。

特に「②聞く」というのは、なんでも話せる関係でいられるか、

相手がリラックスしてなんでも言える雰囲気をかもしだしているかというこちらの姿勢が問われるわけで。

どうも、それができていなかったみたい。

       

先週、ラブラブだと思っていた彼から、

突然「別れよう」なんて言われてぶっとんだ。

ゆっくりじっくり訊いてみるとそこにいたる理由はあって、それは自分でもモヤモヤと悩んでいたことで。

「な~んだ。やっぱりそこらへんで引っかかっていたんだ」とわかり合えたのだが。

結構、彼がその不満を教えてくれなかったので傷ついたりもした。

そして、私ってそんな言いづらいのかなあって反省したわけ。

       

毎週会っているし毎日電話をしているし、でもまだまだ分かりあえていないのだなあ。

やはりお付き合いって難しいなあって思った次第。

          

「①見守る」も結構難しくて。

だってすぐ口出ししたくなってしまうもの。

         

そして見守って話を聞いて、そこらへんの関係が上手くいってないと触れてもぜんぜん気持ちよくないのだなあ。

愛するってやはり難しい。上手く愛せるようになりたいな~。

せっかく縁があった人だもの。

        

Rimg1794 最後にダーリンが作ってくれた豚汁と酢の物です。

二人で食べるとおいしいな。

うふ。やはり幸せ~。

| | コメント (2)

筋腫が小さくなった

子宮筋腫をもっているのでいろいろなお医者様や治療院にお世話になっています。

「小さくなるよ」ってお灸を教えてくれたくま先生。

心のケアもしてくれました。

いつもおふざけしながらもおしゃべりして、私の人生を心配してくれる漢方の岡田先生。

先生のおかげで生理不順と生理痛がなおりました。

そしてかわいい笑顔で迎えてくれる気功の宗先生。

生理の量がだいぶ少なくなりました。

          

で、最近小さくなりましたよ。

筋腫が。万歳!

うつ伏せになると筋腫があたってゴロゴロしていたけれど、最近はそんなに気にならなくなった。

ほんと、皆様に感謝です。

          

それと、筋腫が小さくなるようにって寝るときにいつも筋腫に手を当ててくれたり、沖縄に行ったときビーチで砂療法をしてくれたダーリンにも感謝です。

このまま、なくなるといいな~。

暴飲暴食をやめて運動して冷やさないように。

気をつけたいと思います。

でもって、わたしもみんなから喜ばれる、人に役に立つ仕事をしたいなあと思いました。

| | コメント (4)

父の思いに涙する

「柄にもなく」という題の日記で「お父さんありがとう お母さんありがとう」というフレーズが頭に浮かぶって書いたけど、それってどんな現実をつれてくるだろうって思っていた。

そしたらなんと、姉から嬉しい報告があった。

80過ぎの父はいまだに家具職人として自営で働いている。

その父が新作を考えた。

奈良で私が鹿にせんべいをあげている写真を絵柄にした木箱。

そしてそれを、奈良で修学旅行生に売りたいのだという。

私の家は父母兄姉そして私の5人家族。

貧しい時代に育ったからと言われればそれまでだけど、5人でお泊りした家族旅行は私が小2に上がる時に行った奈良旅行のみ。

Nara だからその奈良旅行はいつまでたっても私の中の宝物で、その思い出をたどって時々一人で奈良に行くほどだ。

40年くらいたった今でも、鹿にせんべいをあげていた小2の頃の私の姿は父の心に生きていて、私はそれが嬉しくてたまらず。

ずっと会っていないけど、ちっとも親孝行していないけど、父の心の中には私がいたことがわかって嬉しかった。

愛されているって久しぶりに実感がもてた。

その新作の計画を姉に熱く語ったらしい。

現実的な母は「無理だ」と言っているようだ。

商品にならなくても、その木箱、欲しいなあ。

姉は80歳すぎても新作を考える父はすごいという。

私も80歳すぎても仕事をしていて、新しいものを作り出していきたいと思った。

そして80歳になった時、思い出とともに愛する人が心の中にいっぱい住んでいるとよいなあと思った。

| | コメント (0)

最近の調子

最近、漢方を飲んでいない。

行きつけの岡田医院が夏休みで3週間薬を取りに行けないのだ。

私は仕事で土曜日しか薬をもらいに行けない訳で。

そんなあ(+_+)

ここのところ、風邪薬を飲んだり、旅をしていて漢方を飲むのを忘れたりしていてなかなか薬は減らなかったのに、ああ、もう薬は残っていないし。

真面目に飲んでいないからか、生理がたらたら長引いて終わんない!

やはり、漢方は飲み続けなくてはいけないのかなあ。

めんどい。

・・・・

生理が終わったばかりからか、ヨーグルト断食で胃が小さくなったせいか、どか食いをしなくなった。

暑さのせいもあるかな?

ここらで、いっきに痩せないかなあ。

そんな調子です。

気持ちのほうは~

どこに向かっているのか、見失っているけど

もがく元気もなくってところです。

いつ、抜けるんだろ。

整理がつかない。

| | コメント (0)

2キロやせた

ヨーグルト断食2日目。

おなかがすいた。午前中から腹減った~。

会社の昼休みは12時半からだけど、自販機で野菜ジュースを買って12時くらいから飲んでしまった。

昼食もヨーグルト。

夕方にはすっかりお腹がすいて、8時頃帰宅をしてすぐにかゆを作り始める。

ちょっと多かったかなあとおもいつつ、完食。

体重計に乗ったら先週の金曜日より2キロ痩せていた。

やったね。

で、断食明けの今朝。

あまりお腹がすいていない。

ここで普通に食べては台無し。

朝食はちょっぴりにして、だんだん普通に戻そうと思います。

今回の反省はやはり水分を取るのが少なかった。

便が硬くなって今朝、だすのにちょいと苦労をした。

は~は~は~。

昨日からちょっぴり頭痛なのも水分量が足りなかったのかも。

今度はいつやろうかなあ。

その時まで、体重が戻らないといいなあと思います。

| | コメント (0)

ヨーグルト断食再び

8月の目標は「やせる!」

でも腰を回すぐらいでは痩せませんのよ。

食欲は落ちているが、食べだすと止まらない。なんでかねえ。

こんなことではいけないと、本日よりヨーグルト断食をしています。

朝、ヨーグルトのみ。

昼は+豆乳。夜は+野菜ジュース。

今までの過食がたたっているのかこんな少食でも腹は減らず。

一日でいっきに胃が小さくなったようで、夕飯はこれだけで苦しいほどお腹がいっぱいになった。

今までの食欲はなんだったんだい。

ただいま、生理中。

いつも生理のときは食欲がないので苦しまずにヨーグルト断食ができるのかも。

1ヶ月に2回ペースぐらいでやりたいな。

このまま、胃が小さくなって少食になると良いです。

| | コメント (0)

柄にもなく

最近、「お父さんありがとう お母さんありがとう」というフレーズがよく頭に浮かぶ。

「思い癖や口癖が現実を作る」なんていう本が流行っている中、このフレーズはどうだろう?すばらしい現実を連れてくる思い癖になるのだろうか?

もう実家には1年以上も実家に帰っていないし、このブログを読んでもらえればわかるけれど、決して仲の良い親子でもなく。

めったに電話もしない。

むしろ、この年にして未だ素直に感謝の言葉も伝えられないどころか、自分の不幸を親のせいにしている始末。

どうしちゃったのかな?

自分の中で何が変わったのだろう?

これから何が変わるのだろう?

| | コメント (0)

神様からの贈り物

久しぶりに山登りに行ってきました。

彼と一緒♪

      

今回は私が大好きな八ヶ岳に彼を案内しようと計画を立てたのですが・・・。

ピラタスロープウェイからの景色を楽しもうと思っていたのに、天気が悪くてぜんぜん山が見られず。

      

Rimg1732 私が大好きな白駒池に着いたときは、彼がもう疲れて死にそうになっていた。

ああ、また引っ張りまわしちゃったかな。

        

そして高見石小屋では星空が綺麗に見えるはずだったのに、天気が悪くて見られず。

      

あ~、やっちゃったよ。

Rimg1736         

それでも、ラッキーだったのは天気が悪かったせいか、山小屋がすいていてのんびり眠れたこと。

二日目の朝、高見石からご来光が見られたこと。

動物好きな彼にカモシカを見せてあげたいな~って思っていたら、しらびそ小屋の裏で見られたこと。

Rimg1746 みどり池でオカリナの演奏を聴けたこと。

稲子の湯の山菜そばが胃にしみるほどおいしかたことなど。

        

神様は思いがけないプレゼントを私たち二人にいっぱいしてくれました。

ありがとう。

       

で、意外なところで彼が喜んでいたのは高見石小屋の薪ストーブ。

Rimg1739 小屋の人がストーブの面倒を見にくるたびに、にたーっと嬉しそうに笑っておりました。

彼が喜ぶ顔は本当に好き。

良かった~。

        

私は同じく高見石小屋のランプに感動。

ランプの宿なんていってもランプ風の照明だったりする宿があったりして本当にがっかりさせられるけど、ここのランプはほんとうに炎がゆらゆらと揺れていた。

夜中のトイレにずっと灯っていて、怖いはずのトイレが楽しかった。

          

それから彼がしみじみと言ったこと。

「山にいると元気だね」

        

そうなのです。

沖縄では「海の中で本当に生き生きと泳ぐんだね」なんて言われたけど。

やはり私は自然の中にいるのが良いって彼に気づかせてもらった。

        

公務員を辞めたのも田舎に暮らしたかったから。

         

今、本当に自分がどんな暮らしをしていこうか

何をして人に喜んでもらって、稼いでいくかわからなくなっていた所。

彼の言葉でそのヒントをもらったように思えた。

            

自分の事ってよくわからないけど、人の事って良くみえるものなのよね。

           

そんな発見があった山登りでした。

日々の生活で疲れていた体も元気になった。

自然の力ってすごいです神様!

           

それからずっと私のペースで歩いてくれた彼にも感謝です。

最後にノロケました。すみません。

| | コメント (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »