« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

怖い。もう駄目かも(3月22日頃のこと)

昨日、産婦人科の先生から出血があっても茶色だったら大丈夫なんて言われたけど、今日は朝から大量の赤い血がでた。

ダメだ。怖い。どうしよう。

             

行きつけの産婦人科は休診日。

電話をして留守番電話にメッセージを吹き込むが、すぐに返事は来ない。

病院へいかなければ。何処の病院がいいのか。

          

そこで、近所の知り合いに電話をする。

彼女は私より年上で大きなお子さんが二人いる。

泣きながら事情を話すと、「市民病院へ電話をして診てもらうようにお願いするの。

それからタクシーをよんで行くんだよ。しっかりしなさい」と励まされる。

市民病院の診察は午前中だけだ。

でも、午後1時頃電話すると「今すぐ来てください」と言ってくれた。

               

診てもらうと、まだ胎嚢があるから引き続き安静にするようにと。

あの~、それだけ?

こんなに出血しているのに。

せっかく来たのに。

               

それから子宮筋腫が大きいとサイズを測っていた。

子宮筋腫はいいよ。赤ちゃんはどうなのよ。

               

このまま、胎嚢しか見せてくれなかったあかちゃん。

心音があったら、入院とか投薬の処置をしてくれたのだろうか。

わからない。

              

午後5時半くらいに会社の先輩がお見舞いに来てくれる。

私が抜けて、仕事が忙しいと思うのに。とっても遠いのに。

いっぱい食料を買ってきてくれた。流しに残っていた食器を洗ってくれた。ありがたい。

          

結局この日は動揺してずっと泣いていた。

先輩がお見舞いに来ている間のほかはずっと泣いていた。

いつも寝ているのに。夜中の2時くらいまで寝むれずに泣き続けていた。

泣きすぎて頭がくらくらして放心状態になった。

疲れた。

| | コメント (0)

お父さん(3月21日頃のこと)

         

かなり多い出血。病院に電話して診てもらうことにした。

今日は休日だが、当直医という事で診察しているのだ。

             

今日は久しぶりに彼が来る。

道が混んでいたのかなかなか来なくて、来たときには泣いてしまった。

ここのところ、一人で心細く不安で寂しくておろおろしていた。

やはり彼が頼りだ。シングルマザーなどなれるものでもない。

                

車で病院に連れて行ってもらう。

私が待合室にあった妊婦のための雑誌を読んでいると、彼が覗き込む。

興味を持ってくれて嬉しい。

          

診察ではまだ、胎嚢が見えるから引き続き安静にするよう言われる。

         

病院から帰ってきて、彼は掃除をしたりお料理をしたりかいがいしく働いてくれた。

帰りに「初めての妊娠・出産」という本を読んでとわたすと、家に帰っていっきに読んだようで、「僕がいるから大丈夫。安んじてちびうさぎを育ててください」とメールが来た。

思いがけない妊娠で彼も戸惑ったのだろうけど、すっかりお父さんになろうとしている優しさが嬉しかった。

          

それなのに次の日から生理のような出血が始まる。

          

私の高齢出産の経験をまとめて、出版社に売り込むんだぁと妊娠中は日記を書いていたけれど、生理のように出血が続き、お腹が痛くなりもう駄目だと落ち込み、気持ちが書くほうに向かず日記があるのはここまで。

でも、流産かも・・・これからどうなるんだと不安に思い、ネットでピコピコ人が書いた流産体験記を読んで慰められたからこそ、自分のこともブログに残そうと思った。だからこれからも続きます。

よろしくね。

| | コメント (0)

優しさが身にしみる(3月20日頃のこと)

          

319日。ひたすら寝る。

出血は続いている。

病院へ行こうかと悩むが、動かないほうが良いと思い午前中は寝ていることにする。

午後、やっと出血が治まる。

          

部長から電話。先輩からメールがくる。

とても優しい言葉をかけられ、また会社が恋しくなった。

会社の人たちに会いたい。

           

320日。

朝から出血。恐くなって病院へ行く。

「茶色の血だったら大丈夫だから」と言われる。

                 

買い物に行けないので姉ちゃんから勧められて宅配の生協に入る。

手続きに来てくれたお姉さんに、今、切迫流産であることを話すと、「私もそうだった」と体験談をくれた。

二人の子どもがいるけれど二人とも切迫流産だったという。

下の子は両肘を机について踏ん張るポーズがクセだとか。

お腹にいるとき、そうやって子どもが頑張って耐えてきたんじゃないのかと話していた。

そんな話を聞きながら、ちょっと涙ぐんでしまう。

           

励ましてくれるが、産むまではるかかなたのような気がする。

一日一日が長い。

               

ずっと一人で寂しかったので、彼女と話ができて嬉しかった。

神様が彼女に会わせてくれた。守られている。きっと産まれる。

このときはそう思っていた。

| | コメント (0)

出血(3月18日頃のこと)

         

朝の5時半頃起きる。

トイレに行ったら茶色のおりものが。

出血だ。

          

こわかった。

昨日、仕事を続けるか迷っていて、答えをくださいと神様に祈ったら答えが出た。

仕事を辞めよう。

          

悲しくて午前9時頃、彼に電話をする。

彼も、朝の5時半頃、お腹が痛くて起きたと言う。

お腹の子どもが彼を起こしたと思う。

「シンクロしているんだね」と彼は言った。

              

友だちのkちゃんにメールをした。

出血してこわくて泣いているといったら

「お母さんでしょ」と怒られた。

祈ってくれると。

彼女は沖縄に住んでいてちょっと不思議な力があって、遠くから私を癒してくれる。

ずっと寝ていた。

夕方5時半頃また出血。下腹が痛い。

         

病院に電話したら先生が不在。

留守番電話に出血したことを吹き込む。

午後8時頃彼から電話。

今から行こうかと言ってくれるが・・・。

          

午後10時過ぎ病院より電話がくる。

明日も出血が続くようだったら病院へ行くことに。

          

夜遅くkちゃんからメールがくる。

ありがたくて泣ける。

| | コメント (0)

わかって欲しい(4月21日、今日のこと)

             

ずっと3月の流産のことを書いていて、今日はちょっとお休み。

今のことを書きます。

              

まだまだ、体は疲れやすいし心に力が出ません。

             

昨晩は急に死にたいって思って、涙が出て困ってしまいました。

そんなこと、流産してから時々ある。

それで、友達に電話をかけておしゃべりをして、やっとほっとしていました。

ただのおしゃべりだけど、嬉しいの。

           

漢方の岡田先生のところへ行ったら、顔がしわくちゃだぞって言われた。

だって、存在しているのがやっとだもの。

顔のことまでかまえない。

そしたら、ありがたそうな油を出してくれました。

時々塗ると良いそうで。

         

まだ、そんな調子です。

          

会社の診療所の看護婦さんとか岡田先生とかは、大変だったから仕方ないよ。

って言ってくれるけど。

いつまでも疲れた、元気ないって負のオーラを出していると嫌われちゃうのではって思ってしまうし。

毎日電話をくれる彼にもつい不調ばかり訴えてしまって、彼に優しくできなくて悪いなって思ってしまう。

         

自分自身辛いし。

焦る。

           

岡田先生の診察室に入ったら

「春だね~。力が抜けるね~。いいね~」って言われた。

そんな雰囲気をかもし出しているそうで。

しばらく、ふにゅぁ~ってします。

今までのキャラとは違うけど許してください。

                

| | コメント (2)

寂しい(3月17日頃のこと)

家にいて出血もせず、疲れもせず、腹痛もせず。

仕事を休んでから10日目。

ただ、寂しかった。

           

妊婦でもできるお稽古事は何か。

町田の商工会議所の企業塾に行ってみようか。

ピアノのレッスンを再開しようか。

駅前留学でもしようか。

などと、ホットペッパーをめくったりしていた。

          

彼が今日、来れなくなった。

                

DVDを歩いて返しに行く。

お腹は痛くならなかったが、頭がくらくらしてめまいがした。

          

母から電話。

妊娠のことは彼女には言っていない。

母は私が隠し事をしてるとき、どんぴしゃと電話をしてくる。

あいかわらず、すごい奴だ。

          

仕事に行きたいなあと思う。

妊娠が続けば、仕事を辞めようかと思ったけど。

ずっと一人で過ごすのはきついと思った。

           

その答えをくださいとお願いしたら、18日。答えが出た。出血だ。

| | コメント (0)

袋が見える(3月14日のこと)

   

午後430分。検診のため病院へ向かう。

ホトケノザがぴゅんぴゅん咲いて、寒いけれど春って思う。

           

昨日、風呂のあとちょっぴり血がついたと言ったら思いきり「子宮からの出血だ」と言われた。

ずっと家にいるので、お風呂だけが楽しみで長湯をしてしまったのがいけないらしい。

お風呂はさっとはいってすぐでるのだそうで(-_-;)

とにかくじっとしていなさいと。

「頑張ってください」と励まされてしまった。

安静を頑張れって言われて

風邪でも遊んでしまうおばかな小学生のようだ。

           

経膣超音波では子宮筋腫がじゃましてよく見えず。

腹の上からの超音波でやっと赤ちゃんの袋を発見。

先生が「これかな~」と迷っているので

私が「これにしましょう」と力強く宣言。

超音波写真。初めての記念撮影だ。

胎嚢9.4ミリ。こんな小さなものに私は右往左往している。

おそるべし。

             

姉ちゃんからメールがくる。

私の宿ったくらいだから、元気の子だと。

絶対大丈夫だと。私もそう思う。

               

急に悲しくなったり、時間がいっぱいあるのに本が読めなかったり。

心が不安定で集中力がない。

借りてきたDVDをぼや~っとみてすごす。

寝すぎて体が痛い。

| | コメント (0)

岡田先生に報告(3月10日頃のこと)

子宮筋腫による生理痛がきっかけで、3年位前からお世話になっている漢方の岡田医院へ妊娠の報告へ行く。

とても喜んでくれて、カルテに祝日印の旗を書いてくれた。

(~o~)

西洋医学では私の状態で妊娠するなんて考えられないけど

漢方を飲んでいると妊娠するんだなって言っていた。

              

産婦人科で仕事を休むように言われたというと、「前の妊娠が切迫流産だったから」と。

そうかあ。

             

でも、無理をしないで普通の生活をしていれば大丈夫ではないかと。

              

それから、「3月にアルバイトから社員になったばかりなのに妊娠して会社を休むことになって、とても申し訳ないのです」と話したら、

そういうものだそうで。

よく、就職すると妊娠するのだそうだ。

そんなことは重なるのだと。

              

それから月曜日、岡田医院の2階にいるお姉さんに話に来るようにといわれる。

               

312日、お姉さんに会いに行く。

白衣を着ているけれど、結構有名な占い師なんだって自分で言っていた。

患者の人生のできごと(たとえば、結婚、離婚、流産、退職など)を聞き出し、年表にしていく。

暦で、いい年とか、悪い年とか研究している様子。

私は33歳から20年間悪いから53歳からお金に困らず、運気が上がると言われた。

むふ、楽しみ(^^

33歳から確かに波乱万丈だった。

でも、それなりに楽しんでいたし。

今以上に、楽しくなるって嬉しいな♪

               

去年っていい年だから、

去年会った彼との出会いは良かったのではないかと。

そんなことを話してもらって、元気がでた。

              

岡田医院まで歩いて20分ほどなのに、途中でふらふらしてベンチで休んでしまう。

途中の本屋さんで妊娠の本とかあかちゃんの手作り小物の本を購入。

家にいる間、かわいい小物を作ろうっと。

           

と、この頃は平和に思っておりました。

また、ぼちぼちと続きを書くのでよろしくね。

| | コメント (0)

会社への報告(3月8日頃のこと)

           

朝から緊張している。

職場に電話しなくちゃ。

本当は直属の部長に電話するべきなんだろうなって思うけど。

困ったことがあったらいつでも話してねと言ってくれていた常務にまず、電話する。

かなり、驚いたようで。

「日曜日まで休んで、今後の見の降り方を考えなさい」と言われるが、そんな早く答えがでるわけでもなく。困ったな。

          

でも、最後に「おめでとう。○○さん(部長)には伝えておくから」と言ってくれた。

改めて、今日休むことを営業の人に電話した。

           

まだ、妊娠反応はでたけど袋さえも見えていない。

時間が欲しい。

           

金曜日、病院へ行って診断書を書いてくれるように頼む。

「そうそう、休んだほうが良いよ」と先生はほっとした様子。

病名は切迫流産。ひえ~(T_T)まだ、出血していないよ。

でも、動くとお腹が痛くて寝てると治まる。

期間は2週間。ああ。

          

先生の指示のとおり、家事をする以外はほとんど寝ている。

朝昼晩、ずっと眠れる。

ここのところ、5時間くらいしか寝ていなくてずっと睡眠不足だった。

神様がそんなふうに突っ走ったら体が壊れるから、こんな寝る機会をくれたのでは。

なんて思う。

こんなんじゃ、仕事どころじゃないな。

仕事、辞めようかな。あと2週間考える時間をもらった。

ゆっくり考えよう。

| | コメント (0)

彼への報告(3月7日こと)

          

妊娠しているのだから、満員電車に乗ってはいけない。

だから、早く出て各駅にのって会社に行こう。

って思っていたのに、仕度にぐずぐず時間がかかり満員電車に乗ってしまった。

それでも、自転車はやめて

のそのそと駅まで歩いていった。

       

昼間、病院に電話して20時に予約を取る。

          

仕事を終わって玉川学園の駅から病院まで歩くが

ちょっとお腹が痛くてのそのそ歩いているのでなかなか着かない。

             

病院で尿検査をする。

30分ほど待って名前を呼ばれる。

妊娠を告げられる。

           

「この年で大丈夫かなあ」と言うと、

先生が「ほら、最近高齢出産の人がいたでしょ」って。

あの、女子レスラーのことだ。

         

内診をされる。

子宮筋腫の多さと大きさに驚かれる。

ただ、筋腫の多くが子宮の外側に突き出ているので

妊娠したのではないかと。

        

仕事は1,2週間休んだほうがよいって。

何て職場に伝えよう・・・(-_-;)頭をかかえる。

          

帰ってきて、彼に電話をする。

病院へ行ったこと、妊娠をしたことを告げる。

彼は準備していたように

「一緒に住もう、結婚しよう、安定期に入ったら静岡の実家に挨拶に行こう」と次々と話す。

それがかえって、動揺しているように感じて。

でも、一生懸命「ボクがついている」と言ってくれて嬉しくなる。

          

ほっ。

         

明日は職場に報告だ。どうやって伝えよう・・・。

お腹はあいかわらず痛む。寝なくちゃ。

| | コメント (0)

病院をさがそう(3月6日夜のこと)

          

産婦人科ではけっこう嫌な思いをしている。

さんざん待たされた挙句、診察は5分とか。

子宮筋腫で診察を受けたときは、子宮をとるように言われたこともある。

そんな簡単に言わないで欲しいのだけど・・・(T_T)

             

だから、今回は病院を選ばなくてはと思った。

          

助産院で生みたいな。

で、助産院で子どもを生んだTちゃんに電話をしてみる。

助産院はとってもお勧めだけど、早く行きすぎるともっと日がたってから来なさいと言われるから、まず病院へ行ってみたらと。

ふ~む、そうか。

それから、私が妊娠したことを爆裂的にも喜んでくれて

子育てって楽しいよって盛り上げてくれるので

会社になんて話そうとか、彼はパパになってくれるのかとか悩んでいたことがちょっとの間、ふっとんだ。

           

で、パソコンで検索していたら

近所で評判が良くて夜9時までやっている産婦人科を見つけた。

仕事があるから週末にしようと思っていたけれど、早くはっきりしたことがわかったほうが良い。

明日、行こう。

          

で、続きはまた今度。

あの~、流産したのだけど思い出して妊娠中の日記を書いています。ぼちぼちと更新していきます。

| | コメント (2)

妊娠検査薬(3月6日の朝のこと)

朝、妊娠検査薬を使う。

スティック状の先におしっこをかけてサックをして、反応が出る小窓の変化を見る。

ピンクの-だったら妊娠していなくて

ピンクの+だったら妊娠。

         

はじめ、ピンクの-が。

な~んだ、妊娠していない。

そして、説明書を読んだら判定は5分後だと。

ちょっと早すぎたかな。

          

しばらくして見ると、うっすらと縦線が出てきた。

微妙。

妊娠の場合は縦線も濃くでるという。

どっちだ?

          

その少しの間にいろんなことを思う。

付き合い始めて間もない彼はなんと言うのだろう。

父親になってくれるだろうか。

言うのが怖い。

3月から1年契約を結んでくれた会社になんて言おう。

外回りはできるのか。

          

46歳。

大きな子宮筋腫があり、生理痛はひどいし量は多いし。

更年期に足をつっこんでいるせいか、周期はどんどん早くなりもう生理はなくなるのかなあと思っていたし。

だらだら続く生理であり。前の月の2月も10日以上生理が続いた。

前、結婚しようと思っていた彼と1年くらい子作りをしたときは、ぜんぜんできなかった。

           

で、本当にできるの?できたの?

そんなことが頭にぐるぐるめぐった。

          

朝食の準備をしながら、時々ゴミ箱に捨てた検査薬の反応を見る。

縦線がますます濃くなりはっきりと+になった。

本当に、本当に妊娠かも。

それは私にとって、狂喜乱舞の嬉しさ。

32歳で流産してから本当に子どもが欲しかった。

でも、問題が~。

本当にできるとは思っていなかったし(-_-;)

          

とにかく検査薬だけではわからない。

早いうちに病院ではっきりさせなくては。

        

そんなあわただしい朝でした。

          

続きはまた今度。

| | コメント (0)

生理がおかしい(3月4日あたりのこと)

3月の生理は早く来た。

月の関係かなあって思っていた。

32,3日の茶色い出血があって

あぁ、4日のデートにはエッチできないなあとのんきなことを考えていた。

しかし、4日には生理が終わっている。

あれ?

         

彼に話したら「できたんじゃない?」って。

彼はいつも私の体のことを気にしてくれている。

(これはノロケ)

       

まさか。

          

で、5日あたりになったら胸がはってきて、

お腹が痛くなって。

あ、これって32歳のとき妊娠したときと同じって思った。

           

妊娠検査薬を使うのには早すぎる。

でも、会社から健康診断を受けるように言われているし。

(昨年の5月からバイトをした会社がなんと3月から

契約と言う形で社員にしてくれたのです)

そのとき、レントゲンはやばいだろうな。

なんて、言い訳しよう。

早く事態を正確に把握したほうが良いぞ。

           

明日の朝、検査するか。

(検査薬は女の子の常備品♪)

          

と、いうことで36日朝、検査。

         

続きはまた今度。

| | コメント (0)

回復中

ずっと更新をしておりませんでした。

それなのに、いっぱい足跡が残っていて。

遊びに来てくれていたかた、ありがとう。

          

3月上旬、妊娠がわかり

大事をとって仕事を休んで寝ていて

でも、流産してしまって今、回復中です。

3月中旬から出血してしまい

途中から生理のようにいっぱいでて

もう駄目だって。

でも、検査して流産がはっきりしたのが41日。

           

43日から仕事に復帰したものの、体力が落ちていてへばっていました。

それだけではなく、流産してもつわりは続くし、

出血は続くし、貧血と腰痛で。

                

これから体がどうなってしまうのか、不安で。

それから心にも力が入らなくてどよ~んとしていました。

書けない。弾けない。

さんざん、泣いたのにあいかわらず悲しみは残っているようで。

それは突然襲ってきて、所かまわず涙が出てしまうの。

              

そんな調子だから、早く元気になろうと

漢方の岡田先生のところへ行ったり

針灸のくま先生のところへ行ったりしたけど。

もう、自然に回復するまでほっとくことにしました。

焦るとそれさえも、ストレスになってしまうから。

          

妊娠や流産のことはしっかり書こうと思っています。

いろんな人のブログを読んでずいぶん参考になったから。

これから、少しずつ書いていきますので

また遊びに来てください。

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »