« 病院をさがそう(3月6日夜のこと) | トップページ | 会社への報告(3月8日頃のこと) »

彼への報告(3月7日こと)

          

妊娠しているのだから、満員電車に乗ってはいけない。

だから、早く出て各駅にのって会社に行こう。

って思っていたのに、仕度にぐずぐず時間がかかり満員電車に乗ってしまった。

それでも、自転車はやめて

のそのそと駅まで歩いていった。

       

昼間、病院に電話して20時に予約を取る。

          

仕事を終わって玉川学園の駅から病院まで歩くが

ちょっとお腹が痛くてのそのそ歩いているのでなかなか着かない。

             

病院で尿検査をする。

30分ほど待って名前を呼ばれる。

妊娠を告げられる。

           

「この年で大丈夫かなあ」と言うと、

先生が「ほら、最近高齢出産の人がいたでしょ」って。

あの、女子レスラーのことだ。

         

内診をされる。

子宮筋腫の多さと大きさに驚かれる。

ただ、筋腫の多くが子宮の外側に突き出ているので

妊娠したのではないかと。

        

仕事は1,2週間休んだほうがよいって。

何て職場に伝えよう・・・(-_-;)頭をかかえる。

          

帰ってきて、彼に電話をする。

病院へ行ったこと、妊娠をしたことを告げる。

彼は準備していたように

「一緒に住もう、結婚しよう、安定期に入ったら静岡の実家に挨拶に行こう」と次々と話す。

それがかえって、動揺しているように感じて。

でも、一生懸命「ボクがついている」と言ってくれて嬉しくなる。

          

ほっ。

         

明日は職場に報告だ。どうやって伝えよう・・・。

お腹はあいかわらず痛む。寝なくちゃ。

|

« 病院をさがそう(3月6日夜のこと) | トップページ | 会社への報告(3月8日頃のこと) »

46歳流産日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 病院をさがそう(3月6日夜のこと) | トップページ | 会社への報告(3月8日頃のこと) »