« 岡田先生に報告(3月10日頃のこと) | トップページ | 寂しい(3月17日頃のこと) »

袋が見える(3月14日のこと)

   

午後430分。検診のため病院へ向かう。

ホトケノザがぴゅんぴゅん咲いて、寒いけれど春って思う。

           

昨日、風呂のあとちょっぴり血がついたと言ったら思いきり「子宮からの出血だ」と言われた。

ずっと家にいるので、お風呂だけが楽しみで長湯をしてしまったのがいけないらしい。

お風呂はさっとはいってすぐでるのだそうで(-_-;)

とにかくじっとしていなさいと。

「頑張ってください」と励まされてしまった。

安静を頑張れって言われて

風邪でも遊んでしまうおばかな小学生のようだ。

           

経膣超音波では子宮筋腫がじゃましてよく見えず。

腹の上からの超音波でやっと赤ちゃんの袋を発見。

先生が「これかな~」と迷っているので

私が「これにしましょう」と力強く宣言。

超音波写真。初めての記念撮影だ。

胎嚢9.4ミリ。こんな小さなものに私は右往左往している。

おそるべし。

             

姉ちゃんからメールがくる。

私の宿ったくらいだから、元気の子だと。

絶対大丈夫だと。私もそう思う。

               

急に悲しくなったり、時間がいっぱいあるのに本が読めなかったり。

心が不安定で集中力がない。

借りてきたDVDをぼや~っとみてすごす。

寝すぎて体が痛い。

|

« 岡田先生に報告(3月10日頃のこと) | トップページ | 寂しい(3月17日頃のこと) »

46歳流産日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岡田先生に報告(3月10日頃のこと) | トップページ | 寂しい(3月17日頃のこと) »