« ホームシックならぬ・・・ | トップページ | 回復中 »

今までの人生で一番おいしかった食べ物

              

それは小樽のお寿司でもなく、

礼文島のバフンウニでもなく、

ましてや帝国ホテルのディナーでもなく

友だちが作ってくれたおにぎりだ。

          

うさぎが離婚騒動ですったもんだしていた時。

ダンナからの置手紙に傷つき

夜遅くにもかかわらず友だちのところにおしかけ、

涙し悲しみにくれていた私に

「お腹がすくと元気が出ないから」と

ご飯を炊いておにぎりを作ってくれた。

          

それは今まで食べていた三角の冷たくて硬いおにぎりではなく

丸くてふわっとしたホカホカのおにぎりでちょっと驚いた。

友だちの優しさがいっぱいつまっていて、

今でもその食感ははっきりと覚えている。

          

昨日「かもめ食堂」のDVDを見てそんなことを思い出した。

Kamome            

かもめ食堂のメインメニューはおにぎり。

女主人のサチエはおにぎりを「日本のソウルフード」という。

私同様、サチエにもおにぎりに対して忘れられない思い出と思い入れがあった。

          

恋愛もアクションもなく

かもめ食堂を中心にたんたんとすぎていくストーリー。

それでもこの映画が最後まで飽きさせず、

観た後、心がほっとして幸せな気分にさせるのは

「毎日まじめにやっていれば、いつかお客さんはやってくる」と信じて

あせりもあわてもせず、よく働くサチエの姿。

つい応援したくなる。

          

自分にとってこだわりって何だろう、

人に伝えたいことって何だろう。

そのことを信じて毎日続けたいことって何だろう。

そんなことを考えさせられる映画でありました。

|

« ホームシックならぬ・・・ | トップページ | 回復中 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホームシックならぬ・・・ | トップページ | 回復中 »