« 一年ぶり | トップページ | そんなに脱毛したいのか »

母が着物を着ていたわけ

 Haha1

 私が小学生ぐらいまで母は冬になると着物を着ていた。それは奥様で優雅な生活をしていたわけでは決してない。着物を着ていながら彼女は普通に家事をしていたし、自転車にも乗っていた。

                  

 何かとつっこみどころのある母だが、着物を着ている母はちょっと好きで。友だちがキレイだねって着物姿の母のことを言ってくれるのは悪い気がしなかった。

母が夜に着物の襟の汚れをベンジンで拭いたり、丁寧にたたんだり、アップに結った髪をほどいてたくさんのピンを髪からはずすのを見ている時間が好きだった。その時は母ではなく女だったんだろうなあ。

                  

 その母が生活スタイルの変化か着物を着なくなって、ある時から動物の柄やらフリルがついた服を着だした。色ははでなグリーンだったり黄色だったり。何でそんなの着るかなあと一緒に歩くのが恥ずかしかったりする装いだ。

                    

 で、最近姉から聞いたところによると「お母さんってね、前から服のセンスが悪かったからおばあちゃんから『着物を着ていなさい』って言われたみたいよ」。服のセンスが悪いのはおばあちゃんも認めていたわけね。それにしても母の着物姿の理由が本人の服の趣味の悪さにあったとは。願わくばそのセンスのなさが私に遺伝していないとよいなあと。いかがだろうか。

|

« 一年ぶり | トップページ | そんなに脱毛したいのか »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一年ぶり | トップページ | そんなに脱毛したいのか »