« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

手作りチョコはどうよ

         

もうすぐバレンタインで「どんなのが良いのかな」なんて、

隣の席の男性と話していたら、彼いわく

「どんな高価のチョコも手作りにはかなうまい」

ホント?!

           

手作りチョコといえば、前の職場である児童館で

「チョコを作ろう」なんて企画をするから

試作をいっぱいして、いろいろ食べて、口内炎ができてしまって

辛い思いをしていました。

この季節。

           

さて、あと2週間ほどあるわけで。

うさぎは今から試作でもしようかしらん。

おいしいブラウニーを作りたいのだけど。

壊れたオーブンレンジを買うのが先か。

           

でも楽しいよね。

チョコ売り場を覗くのも。

何を作ろうかとレシピをさがすのも。

男にはわかるまい。

うらやましいだろ~。

| | コメント (0)

返事を書く

さ、母に返事を書かなくては。

小学生の頃から暗記できていた実家の住所が書けない。

郵便番号が覚えられないのよ。

それから、静岡と清水と合併して

駿河区などとわけのわからないものが住所に加わる。

そんな事実がますますうさぎを実家から遠ざける要因となったりして。

そんな理由をさがしているだけかも。

元気なこと。仕事は忙しいこと。なかなか帰れない言い訳などを書く。

うさぎが心おだやかに帰れるときが来るまで、どうかお父さん長生きしてね。

元気でいてください。

| | コメント (0)

母からの手紙

久しぶりに来た。

かなりのプレッシャー。

彼女の前ではまだいい子でいたいのだなあと思う。

それから、彼女にとって心配だらけのうさぎだが、

結構楽しいと自分では思っていて

でも今の楽しさを話しても彼女には理解できないんだなあと思い、

その感覚のギャップがさみしい。

                   

それから、彼女を安心させてあげるものがひとつもない。

自分も困っていることを、彼女に伝えたら私の100倍パニックになってしまう。

それだけで、一枚の葉書が重く感じる。

         

彼女は私の住所をめったに正確に書くことはできない。

今回も部屋の号数が違っていた。

手紙を書くことさえ、おぼつかなくなったのかなと思うと

うさぎはもっと母に優しくしてあげなければと思うのですが。

               

悲しいことはまだまだあって。

日に日に彼女に似てくる自分が存在すること。

たとえば、正確に仕事をこなしていける根気がないこと

物事を丁寧に捉えることができないこと。

余計なお世話をすること。

            

彼女を許すことは自分を許すことかもしれない。

君の娘は君に似てとってもいい女です。

そろそろ私を許してください。

どんな私でも好きだといってくださいませ。

| | コメント (0)

ヨーグルト断食終了後

この二日間ですっかり胃が小さくなった。

ここで、ドカ食いしては努力も水の泡。

ってドカ食いできない体になっている。

朝はうどん半玉を刻みねぎと一緒に炒め、焼きうどんにして食べる。

それでお腹いっぱいだ。

悲しいことに7時頃食べて、10時にはお腹がすいているのだけどね。

それでも、空腹感に慣れているので食べずに我慢できる。

問題は今日の夕飯。

友だちが4人来てカレーパーティをするのさ。

もちろん飲む。

それでも、あまり食べ過ぎないようにしよう。

だって、2キロ痩せたから。

体重を量るのが一番励みになる。

1月の終わりまであと0.6キロ痩せます。

そううれば目標体重達成!!

10年前にはいていたタイトスカートはあと3キロほど落とせばはけそうなので、それまで痩せようっと。

| | コメント (0)

ヨーグルト断食2日目

今日、このまま食べなければ無事終了。

食べ物の誘惑に負けないためにも、早く寝ようっと。

その前に今日の報告。

朝は豆乳とヨーグルト。

豆乳をまず飲んでお腹いっぱいになってしまい、

ヨーグルトは時間を空けてじっくり食べる。

朝から頭痛がした。

断食反応か?

仕事をしていたらまぎれて治ったけど。

腹がいっぱいになるけど、お腹がすぐすく。

12時半にヨーグルトと野菜ジュースでお腹いっぱいだと思っても2時にはもうお腹がすいている。

食べたくて仕方がないピークは家に帰った7時半くらい。

急いで粥をつくって食べる。

お腹いっぱいになる。

胃が小さくなったのを実感。

このまま、少食が続くといいな~。

今日ははけなかったパンツがはけてちょっと嬉しかった。

こまめに体重を量りキープしていきたいなぁ。

| | コメント (0)

ヨーグルト断食1日目の夜

今、イチゴジャム入りのヨーグルトとドリンクゼリーを食べたところ。

本当は豆乳も飲んで良いのだけど、お腹いっぱい。

そういえば、お昼も野菜ジュースとカップのヨーグルトでお腹いっぱいになった。

さすがに、夕方頃からお腹が鳴ったけど。

こういう時、会社だと食べ物がないから我慢できる。

家だと、すぐに冷蔵庫を開けて物色してしまうもの。

家についてすぐにゼリーを飲んで、落ち着いた。

体調はすごい良い。

今朝、11階のオフィスまでいつものように登ったし。

今日はお腹が鳴らないうちに早めに寝よう。

| | コメント (0)

ヨーグルト断食1日目

今日からヨーグルト断食をします。

2日間ヨーグルトと野菜ジュースと豆乳が主な食料。

生理が終わって1キロ体重が減り、このまま体重を落とすんだと思ったら、

また女の子の体の周期の関係か二日目から食欲が出て、

あっという間に元に戻ってしまいました。

う~ん、いけない。

今回はその食欲を元に戻すもの。

特にヨーグルト断食をやっていて苦しいことはないのですが

職場のランチタイムで心配されるのが面倒かな?

う~ん、断食中でもフラフラしないし食べ過ぎていないだけ調子がよいのにな。

というわけで、がんばろうっと。

| | コメント (0)

心の痛みのなおし方「現実と向き合う」

Chakku

「傷つくならばそれは『愛』ではない」(チャック・スペザーノ博士著)という本を持っているけど、現実はそう上手くはいかなくて。

せっかく差し伸べてくれた手を握りはしたが引き寄せることはできず離してしまった。

              

本の中に「与えることで傷ついたときは、何かをもらうために与えていたのだ」というフレーズがある。

うさぎもそうなのかもしれない。

自分の好きの分量と与えられると思われる分量といつも計りにかけ、与えられた愛にけちをつけてしまう。

                 

自分の欠点を許してもらっているのに、相手のそれは許せない。

いっぱい愛してもらっているのに、それに気づかず「もっとくれ」と「完全なものではなくては嫌だ」と、駄々をこねてしまう。

それで心が痛いと彼を責めてしまう。

それは本当に彼のことを愛しているとはいえなくて。

それはしっかり伝わってしまって。

うさぎの発した「好き」という言葉だけが、行き場がないままそこの空気を汚していく。

                 

ごめんなさい。

欲張りなうさぎを許してください。

泣きつかれた心が元気になるまでちょっと待ってください。

心が元気になる方法はあなたといるのが一番だけど。

今はあなたと一緒にいる資格、ないみたいです。

| | コメント (0)

心の痛みのなおし方「音で満たす」

疲れたり悲しいとき聴くCDがあります。

クレムゾン・コレクション

67

23

12

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Vol.1&2 守護/パーソナル・グロース

http://www.yasuraginet.com/B01010.htm

         

         

Vol.4&5 パワー/

http://www.yasuraginet.com/B01060.htm

         

                                                                

        

Vol.6&7 祈り/祝福

http://www.yasuraginet.com/B01061.htm              

              

クレムゾン・コレクションは、シク教のマントラソング集だそうです。

で、シク教もマントラも知らないけれど、お勧め。

邪魔にならないメロディ。

透明な声。

安心します。

                 

二人の子育て中の友だちはこれを聴いて

「優しいお母さんになれそう」って言ってました。

うさぎはこのCDを部屋に流して

体中にこの音を流して、体の中に音をいっぱいにして

悲しいことを追い出すの。

             

それからね、子守唄がわりにかけながら眠るの。

                  

満員電車の中で聴くとイライラしないよ。

と、いうわけで最近このCDばかり聴いています。

        

| | コメント (0)

心の痛みのなおし方「甘える」

うさぎはかわいいと言われるのが好き。

               

Aへ

『お願い』

まあ、いろいろあって心が痛い訳です。

どうかうさぎさんかわいいとメールをください。

忙しいのにごめん

うさぎ

               

うさぎへ

『お願いされます』

うさぎさんかわいいよ。

ついでにみんなに優しい人です。

              

Aへ

『ありがとう(;_;)

嬉しくて電車の中で泣いています。

うさぎ

                 

こんなふうに甘えてみました。

受けとめてもらえて涙があふれてきました。

ちょっとあたたかい気持ちになりました。

少しずつでも元気になろうと思います。

ありがとう。

| | コメント (0)

最悪の未来を予測する

勉強をしていい大学に入っていいところに就職して幸せになろう。

で、ならない場合だってあるでしょ。

人生計算できないことばかり。

             

だから、漢方でお世話になっている岡田先生に

老後のことを考えなさいなんて言われてもねえ。

どうして一人ぼっちの老後のことを考えて

今、まっとうに働かなければいけないのさ。

           

なんでうさぎが王子様に甘えて幸せにしている老後を想像してくれないの?

働くことがいやじゃなくて、未来の最悪の事態を考えながら生きるのはいや。

そのことを考えすぎて今の幸せを我慢するのはいや。

                        

でも、想像できる近い未来もある。

悲しい恋の予感。自分に対する世間の評価。そしてその結果。

嫌なことは見ないふりをしていた。

でも直面せざるえないときはある。

その時にどう自分がその問題を処理するか。

それは考えておいたほうが良い。

               

個々の問題についてではなく心のありようを。

涙が出たときのおまじない。

     泣いた以上によいことが待っている。

     自分が乗り越えられない問題はふってこない。

     塞翁が馬

     どんなことがあってもうさぎはかわいい。

最近泣くことばかりで、笑顔の作り方忘れてしまいそうです。

| | コメント (0)

いつもと違う生理前

         

今回はナーバスにもならず、生理になった。

いつもは生理前になると悲しくて、だるくて、何もかも嫌になってしまうけれど。

それで、このブログでさんざん不調を訴えてしまうのだけど。

               

生理前じゃなくても元彼の死でさんざん泣いたせいか。

先月から漢方の処方が変わったせいか。

人から優しくされ寂しくないせいか。

                

確かにいつものように体はだるい。

やる気はない。

そんな時は、思うように動かない自分が許せなくて、

受け入れられなくてイライラするのだが

今回は無理せず寝てしまおうと素直に思える。

                

生理前の過食もない。

満腹感を感じることができる。

                    

自分の心と体を自分で面倒を見てあげられるのってステキだ。

そんな気分です。

明日、岡田先生のところに行くので理由を訊いてみたいと思います。

| | コメント (0)

掃除の効果

年末年始は彼の死を思い、泣いていたり

正月は大島にキャンプに行ったりもしたけど、掃除もいっぱいした。

特に167日は掃除マラソンのようにやり続けた。

          

で、わかったこと。

①やればやるほど、きりがない。掃除地獄。

サボっていたのが悪いのか。そういうものなのか。

ひとつ終わると、気になるところが発見され

お掃除リストに書き加えられる。

一箇所綺麗にすると、汚いところが目立つのですわ。

         

②終わったそばから汚れていく。

そりゃ、住んでいるから仕方がない。

ふき掃除をしたからって、次の日には埃が積もっているわけです。

毎日しなくちゃなのね。

        

③でもやっぱり気持ちよい。

タンスや下駄箱を整理するとその後の生活の効率が良くなる。

それから、玄関を入ったときの空気がちがう。

運があがるのがわかる。体にも良さそう。

          

あ~、こんなことだったらもっと早く集中掃除をすればよかった。

本当はまだまだやり残しがあるのです。

当分、休日は掃除をします。

          

それにしても、掃除をするより料理が好きだ。

関係ないか。

| | コメント (0)

もう泣かない

年末、元彼の訃報を聞き、

泣きながら掃除したり、年賀状を書いたり、お線香をあげに行ったり、同人誌の原稿を書いたりバタバタしてすっかり疲れ、「ああ、旅に行く元気もないなあ」と思っていたけど、行ってきました。

         

11日の夜発の船で大島に向かい、4日に帰ってきたの。

島で2泊キャンプ。

なんで無理していくかと言うと、いつもバイトして会社の皆さんに守られながら仕事をしていてどうも怠けているような気がするのね。

で、うさぎの本来の仕事、というかやらなければならない事は旅をして書いて描くことではなかろうかと。

それで、無理して行ってきました。

          

南国なら冬テントはしたことがあるけど、

冬の気温になるところで冬にキャンプは初めて。

寒かったです。

           

で、今回もテント場で一人。恐くて寂しかったです。

一日目の夜はずっと雨がテントをたたいていたし、

二日目の夜は風が吹き続けていました。

人が歩いていない三原山の登山道は心細かったし、おまけに雨まで降ってきて泣きたくなりました。

こんな時、死んだ彼を思って泣いていたら、あっという間に死の世界に呑み込まれてしまうって思った。

それでなくても、三原山は神々しくて、こちらの世界とあの世が隣り合わせのような空気が流れていたから。

だから、旅の間は恐くて彼のことを思って泣けなかったの。

         

だからといって、彼のことを忘れたわけではなくて、

私を守るように登山道の脇に時々現れるリスを彼だと思ったり、

カーと鳴かずに「くー」と鳴いて、朝食を食べる私のそばにずっといたカラスを彼だと思ったりしていました。(彼のことをくーちゃんと呼んでいたの)

             

彼のことは忘れたわけではない。

彼の死を悲しく思わない日はない。

でも、もう泣かないと思いました。

そして年末安心して泣けたのは、慰めてくれる友達がいたり

暖かくて安心して眠れる場所があったからだと。

今恵まれているから泣けたんだと、わかりました。

ありがとう。

| | コメント (0)

命日

最近、暗い記事ばかり続きすみません。

正月早々、とどめです。

        

今日は息子の命日です。

息子といっても妊娠5ヶ月で流産した子。

でも、お骨になって川崎の共同墓地に入っています。

だから、死んでしまって当分の間はよく墓参りをしていたけど

最近はぜんぜん行かなくて命日の時ぐらい思い出しています。

         

生きていれば15歳でしょうか?

大きな子になっているだろうな。

受験勉強だな。

などと一年一年、子どもの成長を確かめています。

         

彼の命が芽生えたときから切迫流産と言われ、ずっと寝たきりでした。

だから、妊娠中はベッドから本を読んだり、空を見たり、テレビを見たりとかなりさえない日々だったけど

彼がお腹にいる間は独りきりじゃないと思うとしみじみと幸せでした。

         

そんな幸せをくれた息子はいい奴だったと。

顔も見たこともないけど、そんなふうに思って

まったく親ばかになっています。

どこにいるかわからないけど、彼の魂が幸せでありますように。

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »