« 悲しいを訴える | トップページ | 命日 »

彼の人生最高さ!

         

逝ってしまった彼のご実家にお線香をあげに行ってきました。

お骨と黒ふちの遺影、たくさんの菊の花を見て、本当に逝ってしまったんだなあと。

こんな形で再会するなんて・・・。

ちびっと泣きました。

             

彼の家は大きくて、彼のご家族は本当に優しくて

彼が何であんなに優しく、丁寧に育っているかわかった。

           

きっと彼は優しいご両親が大好きだったんだ。

ずっと真面目でいい子だったらしい。

だからね。

ちょっと息抜きで北海道で暮らしたり、旅に出たんじゃないかな。

彼のお父さんが「一人で寂しい人生ではなかったか」なんて言ってたけど

ぜんぜんそうじゃないと思う。

確かに彼の家の周りにはあまり人はいなかったと思うけど。

結婚もしていなかったけど。

野菜を育てたり、リスや狐と出会っては喜んでいたし、山菜とったり釣りをしたり田舎生活を楽しんでいたし。

大好きな旅にはいっぱい行っていたし。

だから、いい人生だったと。

良くぞ生き抜いたと私は彼に拍手を贈りたいです。

それで、そんな彼と西表で出会い、北海道で温泉に行ったり、山に登ったり、ドライブしたこと。

そして愛し合ったこと。

そんな奇跡に感謝します。

ありがとう。

|

« 悲しいを訴える | トップページ | 命日 »

「恋愛」カテゴリの記事

コメント

彼に出会えてよかったね。

出会いは縁ですね。

うさぎちゃんと彼の出会いに、大きな縁を感じます。


投稿: さら | 2007年1月 3日 (水) 10時38分

彼にもらったものが大きく、彼から影響を受け今に至ります。
いろんな占い師にみてもらって「彼と結婚する」と言われていました。
結局結婚しなかったけど、彼の家にお邪魔したとき、彼の家族の方たちが私を歓迎してくれ、「また来てください」なんて言われたときは嫁になった気分でした。
彼が死んでからも贈り物をもらった気分です。

投稿: うさぎひめ | 2007年1月 4日 (木) 21時22分

私もひそかに、「いつかうさぎちゃんは彼と結婚するかも・・・」
と思っていました。
彼のご家族との出会いは、彼が望んだことだと私は感じています。紙切れの結婚よりも、彼とのつながりは意味のあることだと
思います。

うさぎちゃんは、愛されています。

投稿: さら | 2007年1月 5日 (金) 23時12分

やさしいメッセージ、ありがとう。
結婚の話を持ち出すといつも嫌がっていた彼なので、彼の家に行っても良いのかなって思っていました。
でも、彼が望んだことなのかぁ。
いまさら遅いって、つっこみたくなります(^_^;)

投稿: うさぎひめ | 2007年1月 6日 (土) 04時49分

確かに遅いですよね。
そこが、彼らしいのかなと想像しています。


投稿: さら | 2007年1月 7日 (日) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 悲しいを訴える | トップページ | 命日 »