« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

女でちょっといやだったこと

島のキャンプから帰ってきた。

キャンプって恐い目に遭ったことないから女一人でも平気で行っていたけどさ、今回はちょっと恐かった。

二日目の夜、雨が降っていた。

昨夜は芝生のところでテントを張っていたけれど、雨なので駐車場の近くの炊事場でテントを張っていたのね。屋根があったから。

そしたら、夜の11時頃、「大丈夫か」の男の声。

お前の声におびえてぜんぜん大丈夫じゃない。

「テントが風にゆれていたから」と男はいうが、電気が消えてるテントにこんな夜遅く、声をかけるか?

「いつ、帰るのか?風邪をひくなよ。」などの質問に答えず、

うさぎは「観光協会の人ですか?警察ですか?○○さんですか?」と言葉をかける。

「大丈夫ですから、ありがとうございます」と言ったら、帰ってくれた。

恐かった。その後、眠れちゃう自分にあきれたけど。

さらに、その次の日もテントを張った自分にもっとあきれたけど。

その人、本当に心配してくれたかもしれない。

でも、声の感じでわかる。

恐かった。

こんな時、男だったらと思う。

ソロキャンプ、そろそろ卒業かなあとちょっと思った。

アジアを14ヶ月放浪した女友達が「子宮があるのがいけない」と言っていた。

彼女も女であることで恐い目に遭ったのだと思う。

うさぎは子宮が大好きだ。子宮に翻弄される自分も大好きだ。

そろそろ女の子遊びにうつつを抜かそうと思った。

(ちょっと嘘!)

| | コメント (0)

欲しいものが手に入る

「担当だったから」と映画祭のいろんな招待状チケットを一番に選ばせてくれたうさぎのボスはとってもステキ!

それで、遠慮なく一枚しかなくて、一番皆が欲しがりそうなチケット「父親たちの星条旗」をもらったうさぎはずうずうしかったかな。

一応、「一枚しかないけど、もらっちゃいます~」とぶりっ子して報告したら、「人気があるから見れるかわからないぞ」と心配してくれたボス。

せっかくもらったチケットを無駄にしないように、今日は朝からオーチャードホールの窓口に並んださ。そしたら、とれたもんね、指定券!

で、思ったわけさ。

欲しいものを欲しいって素直になったらいい。

ダメもとでやってみたら、上手くいくかも。

と、ちょっと嬉しくなりました(^^♪

ダメだと思ってはじめからあきらめていること、いっぱいあるぞ。

まず、何でもできるものとして欲しいものを感じてみる。

それからレッツ、チャレンジだな。

人生、楽しくなりそうだ。

| | コメント (0)

タカビーになれない

コーヒーショップで小さなテーブルをはさんで向かい合わせに座る。

いつも椅子の前のほうに座り身を乗り出して話すのはうさぎ。

彼はゆうゆうと背もたれによりかかっている。

ちょっと悔しい。

それで、もう負けたと思う。

      *

どうしてタカビーなうさぎになれないのか。

どうして余裕を持って向かい合えないのか。

今度は遠い目をしていい男を追ってやる!

おもいきりあくびをしてやる!

できないだろうけど。

そう思った。

| | コメント (0)

嘘をついてはいけない

彼の前ではいつも正直でいたいと思った。

そのまんまのうさぎを知って欲しかったから。

でも、昨日嘘をついた。

             

彼と一緒に電車で帰る時は

いつもうさぎが各駅停車に乗り換えると

彼も一緒に乗り換えてくれた。

でも、昨日は遅かったから

「このまま急行に乗って帰って良いよ」と言ってしまった。

         

嘘。

           

本当はうさぎが降りる駅まで一緒にいて欲しかった。

           

裏切った。自分にも彼にも。

マイワールドだけで、築いた二人の関係にしみが付いた。

          

「そんな、大げさな」と思うな。

           

うさぎらしくして嫌われるのはいい。

無理して好かれるのは嫌だ。

          

服にしみがつくとなかなか取れない。

そんなときは

漂白剤につける。

濃い色に染める。

捨てる。

          

自分の裏切りでついてしまったしみは、どうやったら消えるのだろう。

すぐに捨ててしまえ!

悩むなら捨ててしまえ!

今のうちに!

そんな小心者のうさぎの声を聞いていたらちょっと泣けてきた。

もう、嘘はつかないからしみ抜きの方法、教えてください。

| | コメント (2)

うさぎの中の野生を大事にする

円い月がでていた。

それを見ながら隣にいたS子は何度も「きれいな月だね」と言った。

やばっ。

円い月を見るとうさぎは生理になる。

ちょうど、そういう周期になったということでもあるが。

それって本能らしいよ。

で、生理になったよ。ほんとにね。

先月もそうだった。

生理前に月を見ていた。

          

夏って夜明けが早いから朝、すっきりと目が覚める。

秋って冬に向けて脂肪を蓄える。

生理前って心が不安定で、食欲が止まらない。

エッチがしたい。

腹がいっぱいになると眠い。

音楽に身を任せて踊っていると楽しい。

          

そんな体モードに身を任せているのって心地よい。

動物っぽくてよいと思うのですけど。

不快なことでも。困ったことでも。ままならないことでも。

          

そんな事を大切にしていると、ご褒美があるの。

体のやりたいことに身を任せていると、

心のやりたいことも見えてくるの。

人生に迷う、虫って見たことないし。

         

だから、うさぎもね。

体と同じくらい正直な心がほしいです

そしてそれを表現する言葉がほしいです。

          

| | コメント (0)

りんごダイエットの成果

二日間で2キロ、痩せました。嬉しいな♪

体がすごく軽くなった。朝も、眠くない。

やはり、日々食べすぎです。

昨日普通食に戻った。

朝はちょっぴり。食べられない。

弁当は小さくした。でも、お腹いっぱい。

夕飯・・・。もう、底なしの食欲が戻っていました。

でも、体重は増えていないので、こまめに体重計にのってチェックしながらやせるつもり。

あと、ちょっとで肥満体重からぬけだします。

この肥満体重ってすごくあたっているの。

児童館に長年勤めていたのね。

で、子どもは残酷なほど正直だからデブは、デブと言うのさ。

でも、この肥満体重より減ると言わなくなる。

この体重の仕切りを作った人、えらいと思います。

ちなみに、うさぎの肥満体重ボーダーラインは秘密です。

| | コメント (0)

りんごダイエット2日目

とくにフラフラすることもなく、飢えに苦しむこともなく2日めが終了しようとしています。

3日間続けても良かったんだけど、弁当時、職場の人が心配するので本日で終了。

今日は胃を慣らすため、夕飯のときはプラスヨーグルトを食べた。

1キロくらい減ったかな。

それよりも、少食に慣れたことの成果が大きく、

これからまた痩せるのではないかと期待してます。

今度はもっと、こっそりやろうっと。

さて、職場の上司の心配。

「だめだよ、ちゃんと食べなくては」と言われるより、

「ぜんぜん太ってないでしょ」って言われるほうがぐっとくるんだわ。

言葉は大切だよね。

また、1ヵ月後くらいにやります。

ヨーグルトダイエットのほうが痩せるけれど

りんごダイエットのほうがお腹がすかなくて楽です。

| | コメント (0)

りんごダイエット1日目

生理前で異様な食欲に胃もギブアップ。

そして口内炎ができて治らなくなってしまった。

それで、りんごダイエットをはじめました。

3食りんごを食べる。りんご、食べ放題。

飽きるけど、今、りんごのではじめでおいしいし、

いろんな種類も増えてきたので何種類か買って味の違いを楽しんでいます。

職場では心配されているけれど、過食していた頃より

眠くならないし、口内炎も治ってきたし、あまりお腹は減らないしいい感じです。

前の職場は肉体労働だったので、やっているときはさすがにふらついたけど。

一日終わって1キロ減。

きつかったスカートがはいって、ますますやる気が出ました。

でもね。

苦しいのは嫌だから、ふらついたら途中でもやめます。

| | コメント (0)

入浴シーンがたまらない

「NANA」を観ました。

これ、女の子の友情物語でもあるけど

うさぎがぐっときたのはナナとレンのラブストーリー。

でね、二人で仲良く入浴シーンがあるの。

それってちょとエロくてほほえましい。

ナナはいつもはきついメイクなのに

お風呂シーンはメイクがとれていて、

彼の前では素を見せて気を抜いていてかわいいなって思う。

                *

ダーリンと一緒にお風呂はいるのって好き。

洗ってもらうの。髪を。

気持ちいい~。子どもにかえったみたい。

そんな大昔のことを思い出して、キュンとなってしまったよ。

              *

それぞれの夢のために別れてしまう二人だけど、

最後には夢を追いながらも恋人同士にもどるハッピーエンド。

夢を追っているから輝けるのだもの。

だから惹かれあっているのだろうし。

切ないけれど、ステキな二人でした。

うさぎもそんな恋愛したです。

| | コメント (2)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »