« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

順序だてて考える

仕事でIF関数を使って、コード記号を作ろうと頭を悩ましていた。

           

【初期】

とにかく、むずかしい、できるはずないとの絶望感と混乱だけが頭に浮かぶ。

どこから手をつけてよいかわからない。

                 

【中期】

どうしようと人に訴える。

とにかく人にどうかしてもらうとする。

                  

【もう少し】

本を貸してもらう。

ネットでIF関数に関して検索する。

なんとか作ろうとするが上手くいかない。

                  

【できたかな】

情報を分析する。

目標を設定する。

それに近づけるように考える。

やってみた。

できた!たぶん♪

              

で、やってみたら楽チンだった。

               

きっと今までも

物事難しく考えたり

できないという先入観であきらめたり

あせってかえって何もできなかったり

乗り越えられることを逃げてきたのではないかと少し反省した。

                

今の生活もかなりやばい。

どうやって抜け出したらよいか、わからない。

何もできないとあきらめている。

どうしたらよいのかなあ。

今回の問題のように、落ち着いて想定される出来事を並べる。

それを分析する。

解決策を探る。

それでいこう。

          

解けたら簡単かも。

きっとね。

| | コメント (0)

働くということ④ 人に会える

人間関係はむずかしい。

前の職場ではかなり悩んだ、苦しんだ、うんざりした、体が痛くなった。

でもね、ずっと仕事をしないで一人暮らしをしていると人恋しくなるわけ。

うさぎは寂しいと死んじゃうよ。

          

仕事をしないで家にいると、一言もしゃべらなかったりする。

そして自分の存在がどんどん薄くなる。

それは、心に良くない。

             

今のバイトが始まったとき、「毎日、人と話せる。人に会える」って思った。

そのうえ、いろんなことを教えてもらって、やって失敗ばかりであるが

「助かってるよ」「ありがとう」と、言われるとそれだけで嬉しい。

目指せ、人から喜ばれる存在!

           

今日も「結局雑用ばかりで、使われて大丈夫?」なんて心配してくれる人がいたけど、

なんかみんな優しいし、できる事をやって喜ばれたらそれはそれで良いと思っている。

ずっとやる仕事だと思っていないから割り切れるのかも。

だからってその先のことを考えると何もなくて

途方にくれてしまうけど。

でもこの仕事はずっとやる仕事ではないと思うと、

なんとか抜け出そうと道を見つけられるのではないかと。

                 

あっ、話を元に戻すとね、いろんな人に会えるでしょ。仕事をしていると。

会社の人も、出入りの業者も、同じビルの人も、お使い先の人も。

この5ヶ月間でいっぱい会えた。

それはやはり20年間公務員をしていた中では絶対会えない人たちで、

お~!こんな人たちがこんな仕事をして!とけっこういちいち感動している。

そうすると、いろんなところに旅するように、いろんな仕事の人に会いたいなって思ってしまう。

ああ、こんな性格だから、ひとつのことを極めることができなくて

いろんなことをしては、中途半端に終わるのよ。

             

どこにいる人たちがみんな優しいのか、

どんな業界にいるのが居心地が良いのか

毎日付き合う人って大切です。

うさぎを必要だって思ってくれるところが必ずあるはず。

そこは優しい人たちがいますように。

それから、もっとたくさんの人に会えますように。

| | コメント (0)

贅沢の勧め

あのね、うさぎはバイト生活で93,000円の家賃を払っていてけっこう辛いのよ。「引っ越せば良いじゃん」なんて言われるけど、ピアノがあるの。ピアノが置けるところじゃなくちゃいやだから、ここで頑張っている。

                   

だから、最近旅に行ってないしさ、外食もあまりせず。ランチはうさぎ弁当。

服やバックも手作りだったりする。

それはそれで、楽しいのだけれど。

Rimg0988_1                     

最近、友だちがバリへ行って、すっごくいい顔で帰ってきてうらやましいな~って思った。

バリが大好きなHちゃん。また行くって。

で、うさぎのバリのお金が余っていたから、行く前にあげたらパレオを買ってきてくれたの。

嬉しい。パレオって大好き。

で、旅をしてこんなにいい顔になるんだったらうさぎも旅してこようかなあって思った。

                    

阿嘉島でキャンプしたいな。

シュノーケルして、星を見ながらお酒飲んで、昼間はパレオを巻いて過ごすの。

元気、でるだろうな~。

Rimg0962_1                       

金曜日にお弁当じゃなくて、国際フォーラムで外ごはんしたら、それだけでもけっこう嬉しかったもの。

自分にご褒美は大切よね。

                     

で、今日はプチ贅沢。

Rimg0976_1               

カフェでケーキ食べて、お花を買いました。

               

けっこうご機嫌♪

                  

節約も良いけどさあ。楽しいこと、あるけどさあ。

自分を甘やかしてあげよう、ちょっとかわいがってあげようって思った。

そんなことを気づかせてくれたHちゃんに感謝です。

Rimg0984_1                  

今回も働くということ④を書けなかった・・・。

ま、そのうち。

いつも読んでくれてありがとう。

| | コメント (0)

回復期間

          

仕事を辞めてから2年半たつ。

前の仕事はすっかり忘れていたと思った。

             

でもね、まだ心が痛い。

          

今、リセット中のお友だちと最近話した。

彼は仕事をしないで今、自分探しをしている。

次の自分に向けて忙しく動いている。

すごいなあ。

この前まで暗い顔していたのに、今、歩き出している。

うさぎは・・・

うさぎはバイトをして怠けている。

          

それで、うさぎも今やれることをしなくてはと、書いてみる。

月末締め切りの同人誌の原稿。

ここのブログで、はじめた「働くということ」の続きなど。

           

書いているうちに辛くなる。

書く題材のせいか、

どうしても、公務員最後の年に起こった数々の出来事、

直接、辞める原因となった最悪の職場環境、

原因不明の体の痛さ、

通勤途中で勝手に流れた涙など思い出してしまう。

               

まだ、あの頃のことが心の中で解決できないままじくじくしている。

思い出すとリアルに悲しく情けなく辛くなる。

まだ、立ち止まってしばらく泣いていいのかな。

まだ、回復期間でいいのかな。

              

そんなことを思うと、今のバイト先でぬるぬるとみなさんの愛に浸りながら働かせてもらっている自分を許せる。

今、とりあえず、体は痛くないし勝手に涙も出ない。

それだけで、しみじみと幸せでありがたい。

               

すべてのことが必要なことで、

仕事を辞めたから今、ステキな人にいっぱい会えて幸せと思える。

そんな、ふわふわと明るいもので心をくるんで、回復していこう。

          

ちょっとたまらなくなって、弱音、はいてみました。

次回、働くということ④をアップする予定です。

いつも読んでくれてありがとう。

| | コメント (0)

働くということ③~レベルアップ~

タイ式マッサージの仕事に就くときって特に資格はない。

学校があるくらい。

うさぎはタイで約2ヶ月学校に通った。

そんな少ししか学ばないで仕事ができるのかな。

いいのかな?

それを打ち消す最後の先生の言葉。

「あとはお客さんから学びなさい」

                    

その言葉は京都でタイ式マッサージの出稼ぎで、133人のお客さんに接し実感した。

学校では一通りの技や体のことや禁止事項など最低限のことを学んだに過ぎない。

学校で学んだことがそのまま通用するとは限らない。

当たりまえだけど、人それぞれ体の症状は違うし、好みは違うし、注文は違うし。

うさぎ、オロオロしっぱなし。

「効かない」「痛い」「手がしびれるがなぜか」「弱い」きつい口調の関西弁がうさぎを追い詰める。

空き時間はテキストに目を通す。先輩に教えてもらう。同僚と練習をする。

そしてまた、客からいろいろ投げかけられるクレームと質問。

そして辞める頃、やっと「気持ちいい」「ありがとう」などと言ってもらえるようになった。ふ~。

学校も授業、練習、テストの繰り返しでかなりハードだったけど、実際はそれ以上だ。

お金をもらってる。そのプレッシャーで必死になる。

お金をもらいながら、成長をさせてもらった。

ありがとう。

                      

次にやったオーディション関係のバイト。

そこで初めてうさぎはエクセルを体験する。

何もできないうさぎを雇った会社も会社だ。

でも、そんなことを言ってられない。

できなくては仕事にならん。

うさぎ、ここでも必死。

                      

そのバイトを辞めて少しは役に立つ人にならないといけないと、ちょっとだけパソコン教室に行った。習ったことはすぐ使わないと忘れる。ダメだ。ぷー太郎のうさぎには身につかないぞ。

そしてまた、同じ会社に雇われ事務のバイトをしている。

そこでもエクセルを使うが、やはり実践は身につく。

毎日やっていれば忘れない。忘れていたら仕事にならない。

パソコン教室よりパソコン、上達します。

                      

約20年間働いた児童館の仕事でもいっぱい学んだ。

草木染、独楽、お菓子つくり、あやとり、子ども命のお母さんとの話し方、太鼓、子どもの人間関係、あたりさわりのない文章の書き方など。

                 

ありがとう。

              

どんな仕事にもプロの業があって、どんな仕事についてもうさぎのレベルアップにつながる。

無駄なことは何一つない。

                  

でもね。

今、猛烈に文章が上手くなりたい!

だからうさぎは文章を書くことでお金をかせぎたい。

えっ、ちょっと違う?

上手くなってから仕事に就くって思っていたら一生できない。

だからお仕事降ってこいっ。

もっと違う(-_-;)

| | コメント (0)

働くということ②~社会科見学~

19年半、児童館、学童くらぶで働いていた。

キッチン、ロッカー、小さな椅子、絵本、独楽、ブロック、牛乳パック、ボール、縄跳び、子ども、お母さん、あかちゃん、など。

              

これが当たり前のいつも見る風景だった。

               

だから、今バイト先にあるもの全部がめずらしい。

一人にひとつある電話とパソコン。

社長、部長という立場の人など。

GパンとTシャツのデザイナー。

映画のポスター。

それがでてくる巨大な印刷機。

お使いに行くテレビ局。

平日昼間の銀座。

ビルに出入りしている業者さん。

ビル管理のおじさん。

記者会見場などなど、ほかにもいっぱい。

いちいち見たことや経験したことのないものに感動している。

                   

それって知らないところを旅する感覚に似ていて、

だから仕事も今遊んでいるかんじ。

観光地見物同様、会社見物かなあ。

                     

「いつも楽しそうだねえ」といわれるけど

そんな理由なのです。

                    

これってさあ、バイトでまだ1年もたってないからそう思うのかなあ。

みんな、あたりえになって色あせて見えてくる時がくるのかなあ。

                     

今のところ、ぜんぜん飽きそうもありません!

| | コメント (0)

働くということ①~母の心配~

久しぶりに母から電話がかかってきた。

要するにうさぎがバイトをしているのが心配らしい。

バイトをせず家にいた頃、

バイトが決まったということだけで

「良かったね」と言っていた母ではあるが

今度はバイトではなく正社員で働けと。

        

わからないわけではない。

確かにずっとバイトではこの先食べていけないだろうし、

今のバイトは来年の1月頃までと言われているので

その先どうするか不安である。

        

でも、今はバイトをけっこう楽しんでいる。

だから今はそれで良いではないか。

       

心配する故にもっと先のこと、もっと完全なことをせかすのが母だ。

小さい頃から。疲れた。

彼女の心配がうさぎをうんざりさせていることに

彼女は気がついていない。

       

「今はバイトを楽しんでいる。

今の仕事をしっかりすることが次につながると思っている。

まだ、バイトが終わるまで時間があるし、ゆっくり考えたい。

仕事も縁だし・・・・」としゃべりかけて

言っても通じないだろうなと、途中で話をやめた。

          

うさぎがいっぱい時間をかけて考えて

いっぱい本を読んで

人と話して作り上げたうさぎの人生観を

電話ですばやく伝えられるはずもない。

それに人生において大切にしたいものが母とは違いすぎる。

           

この年で心配かけているうさぎも悪い。

でも、一度で良いから

「あんたは何でもできる。大丈夫。心配いらない」と言って欲しい。

           

一番自分を信頼できず、心細くなっているのはうさぎだもの。

          

というわけで、これから「働くということ」について連載します。

色っぽい話じゃなくてすみません。

| | コメント (0)

おはようキング

朝、散歩していて絶対すれ違いたくない奴がいる。

猫背でゆっくり走っている女の子。

走りながら、馬鹿とかチクショーだとか嫌な言葉を吐き続けている。

同じ道をまわりながら走っていて、この女の子とすれ違わないように歩くのが

うさぎの中ではちょっとしたゲームになっているわけ。

一度、すれ違ったとき思い切りブスといわれてどんよりしちゃったよ。

               

その子にはもちろん「おはよう」なんて言えたものではなく。

挨拶をしているのも見たことはない。

              

そしたら初めて見たのさ。

ある、オヤジが挨拶したら、彼女も「おはようございます」と言った。

           

すっすごい!

彼女も挨拶するんだぁ。

初めて「おはよう」とオヤジが声をかけたのはいつなのかな?

はじめは無視されたのかな?

知り合いだったりして。

など、いろいろ頭の中を駆け巡る。

ブス馬鹿暴言女の心をひらいた

このオヤジに「おはようキング」の称号をあげたいです。

           

それから自転車置き場にいて

いつもニコニコと「おはようございます」

「いってらっしゃい」って言ってくれるおじさん、いいな~。

彼も「おはようキング」だい。

          

うさぎのバイト先の社長、うさぎが新聞を持っていくと

「ありがとう」と言ってくれるよ。

ちょっとのことだけどね、嬉しいよ。

いい会社だと思います。

| | コメント (0)

電車で寝てしまう訳

i-podに入れている曲が悪いです。

アダージョ・カラヤン、島唄・二胡、The BOSSA NOVAなど。

これ、家で子守唄代わりに寝るときかけている曲なの。

で、かけると電車の中でも寝る。

電車の中ってイラつくからなんとか心穏やかになる選曲を心がけていたら、こうなっちゃったのだけどさ。

ぐっと一日やる気にさせる曲、ありませんかね。

| | コメント (0)

夏の思い出バック

今年の夏はパンツ2本とチェニックを作った。

今日はそのあまり布でバックを制作。

今、夏っぽくかごを通勤バックとして使っているけれど

もう少し秋っぽくなったらこれを使おうと思う。

裏と表です。

Bak2s

Bakus

           

公務員で働いていた頃は

お金を好きなように使っていたけれど

今はバイトの身。

節約しなければ。

それで、服やバックを作っているわけ。

           

そんな今の経済事情をちょっと頼りなく思いつつ

こういう境遇にならなければ

ミシンなど使うこともなかったなあと楽しんでいます。

以前、服を作っていたときは

結婚していた頃。

だんなの会社が倒産した頃だあ。

             

貧乏はうさぎをクリエイティブにする?

今度は何を作ろうかなあ。

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »