« 何を書きたいか | トップページ | 昨日の情報の意味 »

意味を探る

自分の必要なものをひきつけるものである。

自分が必要な情報がはいってくるものである。

     

自分がなにを望んでいるかわからなくても

自分の奥底ではわかっているので

その奥底のものが運んでくるのである。

運んでこられたものを見て、

自分が望んでいたものが初めてわかるときもある。

      

そんなふうに思っている。

      

で、考えた。

「静岡で学童クラブの整備がやられていて職員を募集している」との情報が姉から入った。

うさぎはまだ学童に未練があるのか。

仕事が嫌いで辞めたわけではない。

子どもも働く母も父も好きだ。

彼らから頼りにされ

彼らの力になれたらと思う。

子どもとふざけて笑いたい。

子どもからまだまだいっぱい学びたい。

自分が生かせる場所だ。

書くことが一番できるネタがわんさかある。!

      

そんなことを考えながらも

東京の友だちとも離れがたいと思う。

静岡暮らしは想像できない。

       

この情報が入ってきた意味を考える。

しばらくぼやーっと考えよう。

|

« 何を書きたいか | トップページ | 昨日の情報の意味 »

「人生ナビ」カテゴリの記事

コメント

"清水義範の作文教室"(清水義範・ハヤカワ文庫)を読みました。
いろんな作家が、文章の書き方本を書いています。この本は、清水義範が、弟の個人塾に通う小学生6人にした、作文添削の一年間の記録です。
眼差しがあたたかく、子供にあわせて徐々に文の書き方のアドバイスをし、決して作文の内容を道徳的指導しないところがいいです。いい子ぶらなくていいと気付いた子供たちの作文がひかり始めます。でも、子供の成長って行ったりきたりしながらなんだと改めて気付きました。どんどん進歩しないからといって、怒ってはいけないと。ホットしました。

投稿: | 2006年8月14日 (月) 11時13分

名前、ないです?誰かな?
「清水義範の作文教室」読んでみたいです。
子どもって、ある日突然変わっていたりして。
そのやわらかさがうらやましいです。
うさぎの人生は何が進歩だか、
何が後戻りかもわからず、漂っているようでハラハラでしょうが、
あきれないで読んでくださいね。

投稿: うさぎひめ | 2006年8月14日 (月) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106751/3046342

この記事へのトラックバック一覧です: 意味を探る:

« 何を書きたいか | トップページ | 昨日の情報の意味 »